アクセスカウンター

篠了平(しの りょうへい)公式ブログ!

ぼちぼちと歩き続ける日々

篠了平公式ホームページへ
http://ryouhei.info/

<< September 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

2017.09.15 Friday

秋の入り口 (尾崎駅ホームの北側の風景)

0

    JUGEMテーマ:日記・一般

    歯の治療の帰りにオークワから尾崎駅周辺を歩く

    少しずつ秋の気配がこぼれ出しただろうか

    尾崎駅ホームの北側の風景

    夏の余韻は強く残っているが、わずかな秋の空気を肌と視覚(色調)に感じる

     

     

     

     

     

     


    2017.09.14 Thursday

    夕焼けの色、ココロの色

    0

      JUGEMテーマ:日記・一般

      茜色の中、南の空から飛行機が返ってきた。

      西の空は深い色で、北の空は淡い色

      同じ空の事なのに夕焼けの色は見る方向で表情が違って見える。

      同じ事象に向かう感情も人それぞれに異なることに似ている。

       

      幸せって?

       

      何事もない事でもあるし、

      叶うことがあるのかもしれないし、叶わないことの中に隠れているのかもしれない。

      そして叶わないことであるとしたら、思い浮かべるだけで、微笑んでは良しとすることなのかもしれない。

       

      幸せに向かおうとして大切なことは、相手を想う立場に立ち、

      不幸を減らそうとすることから始めなければならないと思えてならない。

       

       

       

       

       

       


      2017.09.13 Wednesday

      鮮やか色

      0

        JUGEMテーマ:日記・一般

        「鮮やか」が目に留まった

         

           きっと同じだ

                  あの日と同じに

                          きっと

                              ココロの片隅でそっと輝くべきもの

         

         

         

         

         

         

         


        2017.09.12 Tuesday

        9・11

        0

          JUGEMテーマ:日記・一般

          アレから16年がたったらしい

          ニュースがそう伝えてくれた

          余りに多くの方の命が奪われたニューヨークでの9・11同時多発テロ

          僕等は何事もないように暮らしている

          けれども、この事件は地球という天体の、同じ空の下に起こった人による悲しい事件だ

          この先に人の手による悲しみなどのないようにと願う他ない

           

          16年の月日がたったなどとはとても思えない

          数年の月日が流れたという認識の中に僕はいる

          人生の時は驚くほど早く過ぎてゆく

          広く見渡し、自分にできる最善を尽くす他ないと思わされる日々だ

          他がために自らの存在を消すように努めたいと思う

           

          笑顔がひとつでも増えるように・・・

          そして、その笑顔に僕らは幸せにしてもらっていることを忘れてはならないと・・・

          そう思える

           

           

           

           

           

           

           


          2017.09.10 Sunday

          年老いて

          0

            JUGEMテーマ:日記・一般

            手を取り合いエスカレーターに乗る二人

            実は・・・

            年老いても手を取り合う二人

            年老いて手を取り合う二人

            どちらだとしても

            互いを気遣うように・・・

            いいじゃないか

             

             

             

             

             

             


            ▲top