アクセスカウンター

篠了平(しの りょうへい)公式ブログ!

ぼちぼちと歩き続ける日々

篠了平公式ホームページへ
http://ryouhei.info/

<< August 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

2019.08.11 Sunday

ゆりかごと子守唄  "cradle and lullaby"

0

    JUGEMテーマ:日記・一般

    帰り道。

    この工場の前を通ると、ドラマティック(山あり谷あり)な一日の終わりが安堵に変わる。

    レンガ造りの壁に映る夕暮れの光が懐かしい時を連れてやってくる。

    やがてホームタウンはゆりかごとなってプラネタリウムが始まる。

    ララバイは静けさ。

    そして、眠れぬ夜には、Gerald  Finziのアルバム"INTROIT”が僕を眠りに導いてくれる。

     

     

     

     


    2019.08.10 Saturday

    北浜界隈

    0

      JUGEMテーマ:日記・一般

      ポパイとオリーブのマンション。

      僕がそう呼ぶ建物を過ぎると大阪市内までの半分の道のりを過ぎたことになる。

      どうしてそう呼ぶかって?

      マンションの後ろにポパイとオリーブを白い雲で描くと素敵そうでしょ。

      阪神高速を降り、船場から北浜に向かう。

      田舎者の僕は立ち並ぶビルを見ると都会にやってきた観に持っていかれる。

      会場裏の北浜の整然とした横断歩道をアビーロードの気分で渡る。

      研修会を終えた帰り道。

      「あさがきた」で有名になった大阪取引所前の五代友厚の像も日が陰りだしてヤレヤレといった感じだ。

      イッパイイッパイだったけれども、こうしてなんとか一週間を終えることができた。

       感謝!!

       

       

       

       


      2019.08.09 Friday

      遠い夏

      0

        JUGEMテーマ:日記・一般

        ボードを乗せた軽のワゴン

        ハンドルを握る青年

        ボードを担いで日よけにして歩く女性

        ささやかなしあわせは心にやさしく、それを見かけた者をも幸せにしてくれる

        夏空はあまりにもまぶしく

        軒下から眺めるシャインブルー

         

        目を閉じてもう一度想う、ささやかなしあわせは心にやさしく、それを見かけた者をも幸せにしてくれる

        それはまっすぐで、言葉にできない程に大切なもの

        特別なもの

         

         

         

         


        2019.08.07 Wednesday

        止められた時

        0

          JUGEMテーマ:日記・一般

          部屋の片隅には枯れかけた観葉植物

          コンセントの抜かれた扇風機

          忘れられた空間

          蘇ることのない色彩

          ボカリーズ

           

           

           

           


          2019.08.04 Sunday

          cresent moon

          0

            JUGEMテーマ:日記・一般

            夕焼けの残る空に三日月を見つけた。

            夕暮れ後の数十秒は辺りを深い紺瑠璃に変え、暗闇に向けて一気に加速してゆく。

            何一つ意識することのない時をください。

            月を見て、星を見て、ただ思うことだけを記させてください。

            今、その他のことは、どうか何一つ僕に近づかないでください。

             

             

             

             


            ▲top