アクセスカウンター

篠了平(しの りょうへい)公式ブログ!

ぼちぼちと歩き続ける日々

篠了平公式ホームページへ
http://ryouhei.info/

<< September 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

2020.07.30 Thursday

時代

0

    JUGEMテーマ:日記・一般

    GO TO キャンペーンに GO TOトラベルが始まって、コロナ感染者も各地に拡大、急増の一途です。

     

    路地越しに覗いた夜店は2か月遅れで始まって、結構な賑わいのようでした。

     

    感染により命や健康にかかわったり、人々の生活にかかわっていることですから、

    中央の政治家の方たちは調整しなければならないことがいろいろとおありとは思いますが、

    後で振り返るとこうすればよかったということも出てくると思いますが、それはそれで未来の糧にするしかない

    こともあるかとも思います。

    自然災害も重なり大変な時ではありますが、人々が救われるという政治の果たすべき目的を見失わずに、急ぐべ

    きところから次々と取り組んでいただき、ここは一生懸命の伝わる団結力を見せていただきたい思います。

    特に国民に対する指示や制限の枠組みはしっかりしないと、より大変なことなるのではないかと心配しています。

     

     

    生意気なことを言うようですが・・・

     

     

     

     

     


    07:29 | 宝物 | comments(0) | - | - | - |
    2020.07.29 Wednesday

    ぬけがら

    0

      JUGEMテーマ:日記・一般

      抜け殻ならまだいい

      とんでもない荷を背負うよりはいい

       

      何事もないほうがいい

      隠れた苦しみを生むよりはいい

       

      大雨の朝

      脱皮して間もないセミのその羽根が

      透明になる前の青い色のまま命を絶え地に落ちていた

      たまたまの大雨に打たれてのことだったのだろう

      運命(荷)というものを思った

      翌朝、青い羽根の亡骸のすぐ上で、それを知らずかセミの大合唱が湧き起った

      その日の夕方、抜け殻だけを残しその姿はなくなっていた

      自然界の連鎖の仕業だろう

      ようやくの思いで脱皮を終えたばかりの亡骸には胸を痛めたが、

      亡骸の去った抜け殻への悲しみは減じていた

      いっそ何事もすべての始まりも何もなければよかったのにとも思った

       

      ある朝、命が途絶えたばかりのスズメに出会った

      突然のことだったのだろう

      その体はまだ柔らかく、触れると揺れる両足はまるでまだ命をとどめているように見えるほどだった

      どうして命を落としたのかはわからない程にきれいな姿だった

      あまりにも道の中ほどの姿であり、車にでも轢かれやしないかと道端に移動させた

      その日の夕方、その姿はもうなかった

      自然界の連鎖が連れ去ったのだろう

       

      人は多くのことに思いをはせる。

      一方で生きる本能に精一杯であろう彼らが、

      やりきれない思いや不幸や悲しみを抱かずに旅立ったと思えば、

      胸の締め付けも少し楽になってゆくのを感じた。

       

       

       

       

       

       


      08:14 | みちばた | comments(0) | - | - | - |
      2020.07.26 Sunday

      雨上がりの海で

      0

        JUGEMテーマ:日記・一般

        雨上がり、夕暮れ前の波打ち際を歩く

        あたりは少し幻想的な色に変わりはじめた

        目を閉じると、静かに打ち寄せる波の音だけが今居る場所を教えてくれる

        他に聞こえる物音のない波打ち際を歩く

        自らの存在の必要性を問う思いがよぎらない場所はないか

        少しだけでも役立つことのできる自分の存在があるのなら、それは明日に向かおうとする一つの答えになりうる

         

        また

        望むことがあれば、望まないこともある

        望まれることもあれば、望まれないこともある

        言えることは、誰かが望まないことには決して誰も触れてはならないということだ

         

        そして自らに思う

        自らは求めることもなく

        自らを受け止める他はないということだ

        再び視線を前に向け、明日に向かう

         

         

         

         


        22:36 | こころ | comments(0) | - | - | - |
        2020.07.24 Friday

        真珠の雨

        0

          JUGEMテーマ:日記・一般

          憂鬱な午後に

          突然の雨と気まぐれな強風

           

          それでも

          二人にとっては真珠の雨

           

           

           

           


          21:45 | | comments(2) | - | - | - |
          2020.07.21 Tuesday

          ふと

          0

            JUGEMテーマ:日記・一般

            僕の目はうっすらと開いていた

            うつろ、うつろと意識が揺れて漂っていた

            遠い午後の片隅で、浅い夢の中を浮遊しているようだった

            今、どのあたりにいるの?

            すると、「バビロンまでは何センチ」ってこと?

            そんな声が聞こえてきて、あっ、そうかって思ったんだ

            僕の乗っている島はどこへ行くのだろう

            世の中のテレビがモノクロからカラーに変わっていった時代の短い連続人形劇

            毎日が楽しみだった

            あの頃

             

            その放映が終了した1969年の今日は、アームストロング船長が人類史上初めて月面に立った日だ

            その日のことはよく覚えている

            どこで、何をしていたかも・・・

             

             

             

             


            07:47 | | comments(0) | - | - | - |

            ▲top