アクセスカウンター

篠了平(しの りょうへい)公式ブログ!

ぼちぼちと歩き続ける日々

篠了平公式ホームページへ
http://ryouhei.info/

<< September 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

<< 夏思ひ | TOP |

2020.08.16 Sunday

時代は、こころは、

0

    JUGEMテーマ:日記・一般

     

    時代は

     

    効率を追求する

    能力を要求する

    すると、大切なものがはじき出される

     

    便利を経験すると

    便利に追いかけられるようになる

    すると足りていたはずのぬくもりを見失う

    幸か不幸か、便利になったと言われる科学技術の進歩についてゆけない自分がいる

     

    人生とは何か

    幸福とは何か

    少なくとも不幸ではないと言えることとは何か

    可能な範囲での書籍の読破を試みても納得などには至らない

    おそらく、いや間違いなく、それでも心が落ち着かない以上は

    最後は自分で考え、自分なりの結論を導き出す他はない

    終戦の日を迎え、命の大切さを語る記事がたくさん飛び込んでくる

     

    以前、営業を続けられなくなったガソリンスタンドの話をさせてもらいました

    何年か前からそのガソリンスタンドに住み着き、どんどんと家族を増やしてゆく猫ちゃん一家がいました

    それで、あるお客さんが、猫ちゃんが事故にあわずに子育てができるようにとガソリンスタンドの一角に

    猫ちゃんたちのための結構な大きさの立派なおうちをみんなの目の届くように作ってくれました

    幸い、そこで育った子猫たちは、いろんなお客さんのところに引き取られて暮らしています

    その後、店は閉まり、誰も来なくなったガソリンスタンドには、今も、お母さんの猫がひとり残っています

    そして、今も、ほかの店舗に転勤となった元の店員さんの誰かが、毎朝と毎夕に食事を届けに来てくれています

    その店員さんの内の一人の原付バイクの音が鳴り響き、耳に届くと胸が熱くなり、安堵します

     

    これは、私の私見、私の感じるところになるのですが

    最近テレビではしばしば、仕事の見える化、社員の労働状況の見える化しませんか、などと放映されていますが

    このような言葉(コマーシャル)が届くと・・・

    社会全体が物理的な事象にあまりに偏って競い始めたら

    いずれ業績のために自らをすり減らすだけの結果になってしまうように思います

    空恐ろしくなるばかりです

    行きつく先は命の価値の数値化となりうる事態で、いよいよ大変な時代に突入したんだなと思います

    多分、自分は、いや間違いなく自分は、そんな世界とは関わらずにいたいと思っています

     

    今日、仕事はお盆でお休みだったでしょうが、近くを通ると

    あの元店員さんの原付バイクの音が聞こえてきました

    12キロも離れた町から、食事を与えにやって来てくれたのです

    数値化などできるはずない大切なものを届けにやってきてくれたのです

     

     

                               ( また、少し、ゆっくりさせていただきます )

     

     

     

     

     


    09:29 | ねこ時間 | comments(1) | - | - | - |

    コメント

    この夏、ネコちゃんたちは無事過ごせたのでしょうか…。

    また…ブログの再開、お待ちしています!
    無理せず、ぼちぼちと…。
    2020/09/17 8:53 PM by Y.U.

    コメントする









    ▲top