アクセスカウンター

篠了平(しの りょうへい)公式ブログ!

ぼちぼちと歩き続ける日々

篠了平公式ホームページへ
http://ryouhei.info/

<< August 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

<< 音楽を離れシンラインに想う | TOP | 欠け落ちた風景 >>

2020.02.08 Saturday

止まった時計

0

    JUGEMテーマ:日記・一般

    朝から要領を得ない僕は、一通りの仕事ささっとして、依頼されていた文書の準備を始めた。

    そして、お昼頃から、一通の書類の作成にとりかかった。

    規定に当てはまらないことがいろいろとあって、僕は頭を抱え、やがてちょっと心まで変になり始めた。

    何度も文章を書き直して結構時間は立っていたのにも気づかずに壁にかかった時計の秒針はいつも9時のあたりで

    ピクピクと動いていて、ふと我に返ったときによく見るといつも12時45分であることにようやく気付いたのだ。

    そういえば、疲れてしんどいし、何か口にしたいという気持ちもある。

    机上に置いた腕時計に目をやると、もう3時を過ぎているではないか!!

    期待に応えられる書類の内容にはならなかったかもしれないが、

    書類を書く前の作業を含めると4時間を費やしたことになる。

    事実を記入し、許容範囲内で依頼主の思いに近づく努力はし尽くしたと思う。

    これくらいで勘弁してくださいという気持ちになっていた。

    そんなわけで今日の午後の研修会には参加できなかった。

    でも、少しは役に立てたかもしれないと思うようにした。

    夕方、寒風の中を散歩していると、20年ほど前に閉店したスーパーの、止まったままの時計があった。

    こちらの時刻は偶然にも正しい時刻をさしていた。

    偶然もあれば、必然や、やむ無しもある。

    「オツカレサマ」、僕は不器用で要領の思いっきり悪い僕に向かってそうつぶやいた。

    あとはゆっくりしよう。

     

     

     

     

     


    19:34 | ひと | comments(0) | - | - | - |

    コメント

    コメントする









    ▲top