アクセスカウンター

篠了平(しの りょうへい)公式ブログ!

ぼちぼちと歩き続ける日々

篠了平公式ホームページへ
http://ryouhei.info/

<< May 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

<< それぞれ | TOP | それぞれの春 >>

2019.03.25 Monday

いろいろあった日

0

    JUGEMテーマ:日記・一般

    今日は朝から大変な一日だった。

    仕事は次から次へとオーバーブッキングするかのようにやってきて、正常な判断を下せない自分がいた。

    午前中には2件の問題が起こった。

    一件については人としてを優先して正しいことができたと思う。

    でも、もう一つの件ではどうしても逃げ出したい自分がいた。

    その人は精神疾患なんだろうけれども、目の前に存在するものの上げ足を取り、ことごとく攻撃する人だったの

    だ。

    そして今日、何年かぶりに出くわしてしまったのだ。

    それは理不尽などと言うたぐいのものではない。

    精神的にはぎりぎりで毎日を乗り切っている観のある僕にとっては、一定の閾値を超えてしまうとすべてが破滅

    に向かうような感覚に襲われるのだ。

    相手に対しては対応不能、自分に対しても落ち着かすことができずに対処不能となるのだ。

    すなわち、僕にとって、人としての行動を感じ取ることができない人に対し、言語の違う国の人が身振り手振り

    もすることを許されないままに、ただ理解不能な自己主張を聞き続けることになる。

    それだけならまだしも、その人は自らの非はみじんも感じている様子などはなく、のちに実利に対する請求行動

    が見て取れた過去を思い出した。

    普通、人は自らの不手際が起こることは人だから仕方がないことにしろ、何とか力になってはもらえないだろう

    かというのが物事を頼むときの人の道だと思うのだが、自分の非などはないことにしてすべてを自分以外のせい

    にして、ただ目の前にいる人がや事象を攻撃をし続ける人に対しての対処はできるすべもなく僕自身の未熟さを

    感じざるを得ない。

    結果、冷静になれる自分が見当たらず、急を要する様子もなかったので後日の対応を考えることにした。

    その後の午後も、過去に傷んでしまった心の感覚が消えることなく動悸は収まることがなかった。

    そして迎えた同期会。

    ようやく心は行き場を取り戻し楽しい時間が流れていった。

    しあわせの時だった。

    みんなの笑顔が素敵だった。

    肖像権の問題もあって、登場していただくわけにはゆきませんが、男前のサッコンはこのお人形にちょっと似た

    ハンサムなおっちゃんなのですが、日々の疲れと呑み過ぎのせいか、突然冷や汗をかいて気分不良となりいわゆ

    る低血圧発作に陥り、意識がもうろうとなってしまったのです。

    そういった訳で久しぶりの救急車への乗り込みでした。

    でも無事に何事もなく、よかったです。

    同期会のメンバー全員がホッとしています。

    今後は僕自身も健康と体調には気を付けながら、同期会に参加させていただこうと思っています。

    みんな、少しずつだけれども歳をとっていってるからね・・・

    では、また。

     

     

     

     

     


    コメント

    コメントする









    この記事のトラックバックURL

    http://blog.ryouhei.info/trackback/1174037

    トラックバック

    ▲top