アクセスカウンター

篠了平(しの りょうへい)公式ブログ!

ぼちぼちと歩き続ける日々

篠了平公式ホームページへ
http://ryouhei.info/

<< June 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

<< あざやか色の真ん中で | TOP | 春への小径 >>

2019.02.09 Saturday

blues men's night

0

    JUGEMテーマ:音楽

    近藤房之助&清水興のライブを覗いた。

    ブルースというものに自ら足を運んで聞くのは初めてのことだった。

    ここにやってくるまでに、すでに出来上がっていたようで、今日一枚しかとらなかった写真は既にピンボケ。

    スリーコードの伴奏で唄われるブルースは退屈なものにならないかと心配していたが、

    どうしてどうして、10秒ちょっとの楽曲説明で十分にストーリーの雰囲気が見えた。

    おまけに歌詞が英語で歌の内容はてんで不明。

    なのに不思議と雰囲気が素晴らしかった。

    超ハスキーボイスなのに音程や抑揚にブレがまるでない。

    すごい歌唱力だった。

    ご本人に聞くと、67歳にして「鍛錬しているんよ」とのことであった。(そりゃそうだよね)

    房之助氏のギターワークもよかったが、興ちゃんのまるでジャンベが叩かれているようなパーカッシブサウンドを

    交えたエレアコのフレットレスベースの伴奏が加わり、楽器二つだけで唄が生かがされとてもよかった。

    ライブの終わった後、興ちゃんママの手作りの極旨ローストビーフをみんなでいただいた。

    差し入れていただいたドンペリというシャンパンも初めてよばれた。

    音楽でつながりのあった僕の地元の青年にも偶然に出会った。

    最後に逢ってから10年がたち、オーストラリアでの音楽留学を終え帰国し、すっかりオジさんの風貌になっていた。

    その昔に勧めたPRSのギターを気に入って使っているとのことだった。

    あの時勧めたアンティクイティのシングルコイルピックアップはまだ手にしていないとのことだったので、

    今日も10年ぶりにプッシュさせていただいた。

    今日はいろんなことを経験させていただく夜になった。

    語られた言葉はまさしく房之助氏の生き様であり、笑いの向こう側の苦労が照れくさくて、

    英語詩にして歌っていたのかもしれない。

    今夜はなんといっても同級生の集いでもあり、楽しさはいつもの二重花丸以上だった。

     

     

     

     

     

     


    コメント

    コメントする









    この記事のトラックバックURL

    http://blog.ryouhei.info/trackback/1174020

    トラックバック

    ▲top