アクセスカウンター

篠了平(しの りょうへい)公式ブログ!

ぼちぼちと歩き続ける日々

篠了平公式ホームページへ
http://ryouhei.info/

<< February 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 >>

<< 君は覚えているかしら 「あのブランコのこと」 | TOP | モンローウォーク >>

2018.12.28 Friday

90分間世間一周

0

    JUGEMテーマ:日記・一般

    ポタリングスタート直後の風景

    ふじ祭り会場前の蔵

    隣町の旧国道沿いの看板

    やっぱりチョコレートは明治だ

    小さい頃、今日みたいに寒い日にはミルクチョコレートをお湯で溶かしてココアにして飲んだことを思い出した

    ぬくもり感いっぱいのショッピングセンター「いこらもーる」を廻って冷えた体を温めた

    レンガの壁から公団が覗く路地を通り抜けて隣町の駅に向かう

    もはや歴史を感じさえする建物になった駅上商店街

    公園の大きな滑り台の上からの黄昏の近づいた眺めは、どうしてだろう何か胸に迫り来るものを感じる

    僕はこうして普段の世の中との間のスウイッチをオフにして、心の中を一度空っぽにして走る

    公園の中の一本道を一生懸命にぺダルをこいでおうちに向かう少年

    冬木立が凛と立ち並ぶのを眺める

    自分が存在できるのは自分以外のために頑張らせていただける自分がいるからだと、

    冬の空の下、冬木立が語り掛けてきた。

    足元の枯葉の下では春を待つたくさんの命が育まれているのだろう

     

     

     

     


    コメント

    コメントする









    この記事のトラックバックURL

    http://blog.ryouhei.info/trackback/1173983

    トラックバック

    ▲top