アクセスカウンター

篠了平(しの りょうへい)公式ブログ!

ぼちぼちと歩き続ける日々

篠了平公式ホームページへ
http://ryouhei.info/

<< August 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

<< リハビリテーション・ケア研究会 | TOP | かよった幼稚園を発見 >>

2018.12.24 Monday

アルコールの功罪は、 僕にとっては 罪>功か? を確認してみよう

0

    JUGEMテーマ:日記・一般

     

    最近思っていることがある。

    ひょっとしたらと思っていることがある。

    そして、多分それはそうなんだろうって思っていることがある。

    いつものように、水鳥のいる池を眺めて、

    ショッピングセンターに到着。

    本屋さんとCDショップとペットショップを覗いて、花屋もちょっとだけ覗いた。

    クリスマスで人がごった返していた。

    モールを出て、年末の生活感であふれかえった漁港の市場を通り抜けヨットハーバーに向かった。

    ここには人一人としていない。

    何事もなく静かなのがいい。

    アウトレットに向かう道も一本裏に入ると人影はない。

    アウトレットは人でごった返していた。

    こうやって一人チャリで巡る日常は、気に入った音楽をかけているのと同じようなもの。

     

    が、しかし、ひとくくりにして繰り返して当たり前に送っている日々の中に間違いが潜んでいないか? ・・・

     

    毎晩、常態化している飲酒と毎日の特に明け方に襲われる強い鬱(うつ)気分の関係を疑いだした。

    自分自身の思考自体が本当に正しいのかさえも、自分自身に問いただしたりしている。

    何か切迫感に襲われている気がするのだ。

    自分自身に本当に間違いはないのか?

     

    ご近所に住まれている女性が、まだ若いのに長い間服用していた安定剤のせいで言葉すらなくしたり、

    ご高齢の方の中にも、薬のせいで心を病み無動状態になった人もいる。

    アルコールも長年続けるとそういう悪い作用はないのか?

     

    日々の生活や社会生活の中で生じる、やむを得ないと思えること以上のことを飲み込まさせられること、

    すなわち、自分事だけでは済まなくなることに無理を強いられることがあったり。

    過去の自らの過ちへの罪意識が押しよせてきたり。

    自分自身、人として正しいと信じて実践してきたことを崩そうとする外からの力を感じたり。

    将来への心配であったり。

    そういったことが、仕事を離れたときに、本来心を休めたいときに次々と襲ってくるのだ。

     

    こういったひどい感覚は、アルコールを飲むことで一時的には安らいではいたが、次に目が覚めるまでの

    3〜4時間だけのことで、目が覚めるとよりひどい鬱感覚に襲われるのだ。

     

    こんなこと長い間にわたって続けてしまったこと、自分がしっかりしないと壊れてしまうと感じたのだ。

    実は一時的に助けを求めて手を出していたアルコールが、よりひどい病状へと僕を引きずりこんでいる

    のではないかと思い始めたのだ。

     

    そう思えたので、しばらくアルコールを止めて心が楽になってゆくかどうかを確認してみることにした。

    ・・・自分を変えてみよう。

    ・・・少なくともいい方向があると信じて変える努力をしてみよう。

     

     

     

     

     

     


    コメント

    コメントする









    この記事のトラックバックURL

    http://blog.ryouhei.info/trackback/1173979

    トラックバック

    ▲top