アクセスカウンター

篠了平(しの りょうへい)公式ブログ!

ぼちぼちと歩き続ける日々

篠了平公式ホームページへ
http://ryouhei.info/

<< November 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

<< こわれもの | TOP | 人生のイロハ >>

2018.10.15 Monday

久しぶりの大阪 「前向きへの転換作業」

0

    JUGEMテーマ:日記・一般

    紀州路快速に乗って1時間とちょっとで大阪駅に着いた。

    今日は久しぶりに大阪での勉強会だ。

    電車の中では時間がもったいないからという理由と、最近あまり勉強が出来ていなかったということもあって、

    学術雑誌に目を通して過ごした。

    最近、精神状態が良くなくて、

    ボーっとしてるととココロの隙間からいろいろなやりきれない気持ちが入り込んできて落ち着かないのだ。

    自分のせいで、人に迷惑をかけてしまったという思いから逃れられないのだ。

    良かれと思って選択した道が厳しい結果になってしまったからだ。

    努力をすれば何とかなるだろうと思っていたことがどうにもならなくなってしまったのだ。

    僕の助言も援助も全てが裏目に出てしまったという他ない。

    ここのところ動悸が続き、一日のほとんどの時間が焦燥感に支配されてしまっている。

    よく眠れない日が続いて、てきぱきと明るく仕事をこなせないなんて、僕じゃない。

    「ダラダラとやってんじゃねーよ!!」と自分自身にハッパをかけてみる。

    こういった時は、ひとつずつ、前進するかもしれない事を片付ける努力をして、

    時の経過を待つ他はないのだ。

    勉強会を終え、大きく息を吸って空を見上げた。

    再び地上に目をやると、丸ビルの地下一階、にあるタワーレコードの看板が目に入った。

    前から探していたジャニスイアンの「アフタートーン」があったのでゲット。

    僕が中学生の頃の作品だ。 

    ジャニスイアンの歌声はほんのわずかでもこころに余裕という余地が持てる時には、

    その部分を何気ないヌクモリで満たしてくれる。

    何もないけれど、それで十分に幸せだという時を届けてくれるのだ。

    そう、幸せの感じ方を示したり教えてくれたりしているように思う。

    冷静になろうと努めているうちに、ふと目の前に、一生懸命に生きている人達の表情が浮かび上がった。

    シアワセの在り処をホノボノと伝えてくれているではないか。

    笑顔の素敵な人を次々と思い浮かべてみると、ココロが楽になってゆくのを感じた。

    幸せというものを、決して他の誰かと比較したりすることのない笑顔は、

    屈託のないとびっきりに素敵な笑顔だ。

    僕もそうありたいと思った。

    シアワセを比べたりせずに、今日、誰かのココロからの笑顔をひとつでも増やせたらいい。

     

     

     

     

     

     

     


    コメント

    気持ちの切り替え方が、お上手です。笑顔は、その方々の輝きですもんね。
    2018/10/25 5:23 AM by miracle
    早く書き込みたかったのですが、パソコンが壊れてしまい、今日の書き込みになってしまいました。
    僕自身、気持ちの切り替えは決して良い方ではありませんが、せっぱ詰まった時にこそ、今という時に精一杯できることをして立ち止まらないことで、気持ちも和らぐし、進むべき道も見えてくるように思います。
    書き込みをいただきありがとうございました。
    勇気づけられます。
    2018/10/31 7:33 PM by ryo

    コメントする









    この記事のトラックバックURL

    http://blog.ryouhei.info/trackback/1173946

    トラックバック

    ▲top