アクセスカウンター

篠了平(しの りょうへい)公式ブログ!

ぼちぼちと歩き続ける日々

篠了平公式ホームページへ
http://ryouhei.info/

<< October 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

<< 台風が去って | TOP | 今日の空 >>

2018.09.02 Sunday

花火

0

    JUGEMテーマ:日記・一般

     

    8月30日(木)、朝10時、家族の一員であるワンコが、嘔吐をして、そのまま力なく倒れこんでしまった。

    彼女に重大な事件が起こる時は、いつも、かかりつけの獣医さんが休診の時だ。

    お昼過ぎ、診ていただける獣医さんのところに連れてゆき、エコーや血液検査をしてもらったが、

    原因がわからず、対症療法をしていただいた。

    夕方、立てないどころか、横になったまま手足も動かなくなった。

    再び獣医さんに連れてゆき、再びエコー検査をしてもらったが原因はわからず、点滴に抗生物質、それに

    胃を保護する注射をしてもらって帰宅した。

    帰宅後、呼びかけに対する反応もなくなってしまった。

    手足も麻痺したように冷たく、ダラーンとなり全く動かない。

    しかし、これ以上の施しは負担になるとしか思えず、回復を祈って夜を超すことにした。

     

    8月31日(金)、朝一番にかかりつけの獣医さんに連れてゆき診ていただく。

    すでに、目はうつろとして、何の反応もない。

    検査の結果、急性膵炎との事で獣医さんからは「よく生きていたな」という言葉があり、入院の上、治療が始まった。

    夜、仕事を終え、様子を見に行く。

    目を少しだけ開け、「お父さん」と言ってくれているようだった。

     

    9月1日(土)、仕事を終え、夕方に面会に行く。

    命を取り戻そうと頑張っているのが伝わってきた。

    「生きていてくれてありがとう」って、そう思った。

    30分程、抱っこして、時を過ごして、「また明日来るからね」

    そう言って、獣医さんのところを後にした。

    「行かないで、ずっと一緒にいて」という言葉が聞こえてくるようでつらかった。

    今日(9月1日)は、浜辺で花火大会のある日だ。

    我が家からも、マンション越しに、花火が打ちあがるのを見ることが出来る。

    花火のように、

    君の命がまた、力いっぱいに輝いてくれますように・・・

    ステキに輝いてくれますように・・・

    シアワセであってくれますように・・・

     

     

     

     

     

     

     


    コメント

    ワンちゃん、いかがですか?
    つらいよね…。
    また元気になって、一緒に散歩ができますように…。
    2018/09/03 12:53 PM by Y.U
    エールを送っていただきありがとうございます。
    昨日は少し回復に向かっているように見えたのですが、今日また容体は逆戻りしてしまったようで心配しています。
    検査でも、治療でもできるだけのことは受けさせてやりたいと思っています。
    動物って、しゃべれないから、こんな時「話してよ」と
    言いたくなってしまいます。
    ただただ、いとおしくして仕方がありません。
    今は、頑張っている姿を応援し見守るほかありません。
    2018/09/03 11:00 PM by ryo
    おはようございます!ワンちゃん大変だったのね。少しは回復しましたか?訴える様な眼を見るのがつらいですよね〜ワンちゃんは、側にいてほしいと 思ってますよ。病院で一人で不安だから早く迎えに来てって〜辛い治療よりも 大好きな家族のそばにいたいよ〜って。ありがとうと愛してるよって いっぱい言って元気づけてくださいね。
    2018/09/04 11:11 AM by lucky
    ワンちゃんは高石の方のクリニックに入院させてもらっていたのですが、9/3の台風で発生した広域停電のため、滴下による点滴が不可能になり、電動ポンプでの滴下を続けるために、岸和田の病院に転院する必要が生じました。
    なんて不運なんだって思うと共に、移動には体力を使わせたのではないかと心配するほどに道は混み、転院先に送り届け帰宅したのは午前様になるほどでした。
    主治医の先生は本当は9/4のうちに手術をしたかったと言っていたのですが、停電のため一晩を転院して過ごすことになってしまいました。
    9/5朝、停電復旧の連絡が入り、再び高石のクリニックに移り、手術を受けましたが予断を許さない状態が続いています。
    胃穿孔からの腹膜炎、それに膵炎や胆嚢炎も合併し、重篤な状態になっていたとのことでした。
    とにかく、回復を祈るばかりです。
    出来る限り、会いに行って、元気を取り戻せるように、声掛けをしたいと思います。
    応援していただき、ありがとうございます。

    2018/09/06 12:12 AM by ryo
    心中お察し致します。何をしても頭から離れないですよね。こんな時こそ、気持ちをしっかりもってすべてにおいて、落ち着いて行動してくださいね。車の運転にも気を引き締めてね。まだ あちこちの信号機が、普及していませんからね、あわってて会いに行かないでね
    2018/09/06 10:33 AM by lucky
    信号機があったりなかったりの中、矢印信号を見落としてクラクションを鳴らされてしまうことがありました。
    焦っているときこそ、慎重になるように気を付けたいと思います。
    できる限りのことをしようと思います。
    ありがとうございます。
    2018/09/06 9:44 PM by ryo

    コメントする









    この記事のトラックバックURL

    http://blog.ryouhei.info/trackback/1173935

    トラックバック

    ▲top