アクセスカウンター

篠了平(しの りょうへい)公式ブログ!

ぼちぼちと歩き続ける日々

篠了平公式ホームページへ
http://ryouhei.info/

<< October 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

<< 夏からの届けもの | TOP | 白い帆を上げて >>

2018.08.01 Wednesday

「ピーカン」 に 「ひまわり娘」

0

    JUGEMテーマ:日記・一般

    台風も去って、再びピーカンの夏の日が始まった。

    一枚目の写真の左の方にある自販機だけれども、側面に描かれたシロクマ君がコーラを抱えていて涼しそうだ。

    いよいよ八月、夏も後半に向かう。

    「花まつり」は「ひまわり」の季節を迎えるが、今年はまだ見かけていない。

    そうそう、ふと思い出したのだが、その昔、「ひまわり娘」と呼ばれる娘がいて、

    ブラウン管の中での記憶しかないが、伊藤咲子の笑顔は特別な笑顔のひとつとして記憶に残っている。

    「乙女のワルツ」という曲のシングルレコードを買った記憶がある。

    実際には悲しい歌なのだが、

    誰かを好きになるなら、なられるなら、こんな感じがいいと、

    どうか、純真なこの感覚が守られますように、いい未来がやってきてくれますようにと思ったことを忘れない。

    僕の中では、淡き青春の想いを呼び覚ませてくれる名曲のひとつとして記憶に残っている。

    彼女の笑顔は、元気で頑張らなきゃって思わせてくれるまっすぐな笑顔だ。

    この話の余韻はまだまだ残っているが、思いを現実に戻すことにする。

    喜んでもらえることを、少しでもできたらいい。

    笑顔はひとつでも多いほうがいい。

    そんな気持ちが、今、僕の原動力になっているのがわかる。

    そこで、8月の目標なんだが、季節も季節だし「明るく、しっかりと歩む」なんていうのはどうだ。

     

     

     

     

     


    コメント

    「明るく、しっかりと歩む」
    この言葉、お借りしていいでしょうか?
    この1年の目標にします!
    「明るく」は、難しい…。
    明るいように振る舞える事はできるけど、心から明るくなれるのか今の自分には…?…。
    だから、「明るく、しっかりと歩む」を拝借しますね。
    素敵なフレーズ、ありがとうございました!
    2018/08/02 8:30 PM by Y.U
    「明るく」は、難しい...。  ・・・ですか・・・
    この世に存在する言葉の仕組みをどれだけ使い尽くしても、言い尽くせないような感覚が伝わってききます。
    「明るく、しっかりと歩む」と言ったのは、きっと、こころが「よかったね」って言える場所を探すためのオマジナイに違いありません。

    「よかったね」の一言がこころを救い
    「よかったね」の一言でこころは救われる
    「よかったね」の一言は
    ・・・ココロの安心だから
    ココロの中だけでちゃんと想うことが出来た時に生まれてくる言葉
    「よかったね」は向き合い、想い合ったココロだけが感じ合う言葉
    幸せな言葉
    ・・・「よかったね」と、僕らは互いに言い合いたい。

    そのために「明るく、しっかりと歩む」
    2018/08/03 10:22 PM by ryo

    コメントする









    この記事のトラックバックURL

    http://blog.ryouhei.info/trackback/1173925

    トラックバック

    ▲top