アクセスカウンター

篠了平(しの りょうへい)公式ブログ!

ぼちぼちと歩き続ける日々

篠了平公式ホームページへ
http://ryouhei.info/

<< December 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

<< 今日という日 | TOP | ordinary life >>

2018.02.19 Monday

県庁前から北新地へ

0

    JUGEMテーマ:日記・一般

    ここは県庁前交差点の一角。

    午後5時40分、研修会を終え「県文」を出る。

    和歌山市民は和歌山県民文化会館のことをそう呼ぶ。

    逆に「県文」と呼ばない人は和歌山市民ではないという感覚がある。

    三年坂を下る。

    傾斜角度はこの位。

    坂を下り、振り返ると初めて和歌山城の天守閣が目に入った。

    次に、このあたりにやってきたなら、お城の中をゆっくりと歩きたいと思った。

    三木町付近に雰囲気のあるお店。

    何のお店だろう?

    特別寒い今日、目に映る色調温度が暖かい。

    もうすぐ集合時間の6時だ。

    急いで歩く。

    6時5分、例会のあるお店に到着。

    今回は、超秀才(天才?)の上田君が初参加との事だった。

    灘高に行っても上位5番以内にいたそうだ。。

    当然のように東大に進み、今はCO2削減と石油に関するプロジェクトに携わっているとのことだった。

    なのに、以前と変わらず、普通に照れ屋なところが素敵だ。

    さて例会の方だが、先ずは食事が素晴らしかった。

    いつものごとく、普通の話から「えっ」と思う話まで、それに予想のつかない唐突な話も飛び出して楽しいひと時だった。

    二次会はいつものカラオケボックスだったが、誰ひとりとして歌わず、喋りっ放しの不思議な状態だった。

    次は4月の頭に付属中学の校庭に続く階段で花見?

    そこで、アコーステイックライブっていうことになったんだけれども、

    もう何年もやっていないから、練習をして勘を取り戻すいい機会になればと思っている。

    それに、そんなに先の事、誰にもわからないことなのに、4月の天気の心配までしてくれるなんて、

    遊ぶことにかけての準備周到な姿とぬくもりは、ありがとうって思うと同時に、

    ぜひ見習わさせていただかなければなならない姿だと思わさせられたよ。

    気持ちを上げてゆくことと、とりあえず、組み立ててみようって思う。

     

     

     

     

    コメント

    先日はお疲れ様でした!
    研修の後に参加してくれたんですね。
    相変わらず楽しい集まりなので、あっという間に時間が過ぎていました。
    次回…アコースティックライヴを実現していただけそうなので、本当に楽しみです♪
    でも、できる範囲で…負担に感じないよう、無理しないでくださいね!
    練習のつもりで、楽しんでください。
    この日、お天気がよければ…夜桜の間からハーフムーンが見られるかも…。
    今も残ってる…あの中庭の階段にみんなが集まるのは46年ぶりになるでしょうか?
    今からドキドキします…。
    2018/02/19 9:25 PM by Y.U
    早速、今日、思ったのですが、季節がら、「さくら」も歌えたらと思い、どういう風に演奏していたのかを想い出す作業に入りました。
    僕は、楽譜の読み書きなどはできないので、指先の記憶と雰囲気だけが頼りの想い出し作業は、パズルゲームを解き明かしていくようで不安とワクワク感がイッパイです。
    今ふと、教室での朝礼だっただろうか、「青年は荒野を目指す」を唄ったことを想い出しました。
    それが何を想っての事だったかは想い出せはしないけれども・・・
    そう、歌を唄うことになれば、あれから50年近くの時が流れたことになります。
    想い出になるひとときにできればいいな・・・
    みんなには、いい時を過ごしてもらえたらいいな。

    言ってもらったように、無理のない範囲で、気持ちが向く事のできる範囲で進めたいと思います。

    ありがとう。
    2018/02/20 11:07 PM by ryo

    コメントする









    この記事のトラックバックURL

    http://blog.ryouhei.info/trackback/1173859

    トラックバック

    ▲top