アクセスカウンター

篠了平(しの りょうへい)公式ブログ!

ぼちぼちと歩き続ける日々

篠了平公式ホームページへ
http://ryouhei.info/

<< October 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

<< 残像消去の方法 | TOP | 君の愛する季節 >>

2018.02.12 Monday

僕らがいた

0

    JUGEMテーマ:日記・一般

    君がいた

    僕らがいた

    僕がいた

    憧れたヒーローもいた。

    少年ジェットが大人になると、

    顔を出すのが照れるからって? 月光仮面になって(勝手な想像だが)・・・

    いつもシンプルに正義が主役の時代で、

    「正義」を疑ったり、「正義」って何なんだろう、なんて考えることもなかった。

    そうして、時代は駆け抜けていった。

    やがて、正義と言うものは、「望まれないことには、決して誰も近づいてはならない」ということだと知った。

    大切を守るためだ。

    力ずくな者は、人のココロをないがしろにし、人のココロを無視した行動を自我のもとに平気で決行する。

    これでどうだと言わんばかりだ。

    だからこそ、僕は何事もないことを一番に望んだ。

    「望まれないことには決して近づいてはならないのだ、絶対に触れてはならないのだ」

    幼い純真たちが不幸にならないことだけを願ってやまない。

     

     

     

     

     


    コメント

    コメントする









    この記事のトラックバックURL

    http://blog.ryouhei.info/trackback/1173855

    トラックバック

    ▲top