アクセスカウンター

篠了平(しの りょうへい)公式ブログ!

ぼちぼちと歩き続ける日々

篠了平公式ホームページへ
http://ryouhei.info/

<< October 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

<< 秋の入り口 (尾崎駅ホームの北側の風景) | TOP | 週末には台風が・・・ >>

2017.09.16 Saturday

君とあの日の校庭で

0

    JUGEMテーマ:日記・一般

    校舎・・・ そして窓越しの風景

    理科室って一人で行くにはなんだか少し勇気がいる場所だった

    学校っていうところは、懐かしいという感情が抑えきれないほどに独り歩きを始めることがある

    ひとつずつ想い出そうとするけれど、なかなか想い出せないでいる

    僕が立ち止まったり、忘れてしまったり、別の道を歩いている間に時は進み、

    宝箱の上には随分と時の塵が降り積もったようだ

     

     

     

     

     

     


    コメント

    中学校の中庭にあった大きな銀杏の木が…懐かしいです。
    葉っぱがくるりっと巻く…珍しい種類の銀杏だったそうで、校舎移転の際、伐採されたと聞いてかなりショックでした。 

    でも、まだ埋もれた宝箱が見つかるかも知れませんね…。
    2017/09/17 10:58 AM by Y.U.
    空想を思いめぐらせて、こんな記事を書いたけれども、中学校を卒業してから、まだ一度も校舎や中庭には足を運んだことがありません。
    当時の銀杏の木の残る中庭の写真など誰も持ってる人はいないのだろうか。
    僕の記憶はあまりにも遠くはるかなパズルのカケラになってしまっています。
    でも、パズルが断片であったとしても宝物は必ず見つかると思っています。
    2017/09/17 5:16 PM by ryo

    コメントする









    この記事のトラックバックURL

    http://blog.ryouhei.info/trackback/1173769

    トラックバック

    ▲top