アクセスカウンター

篠了平(しの りょうへい)公式ブログ!

ぼちぼちと歩き続ける日々

篠了平公式ホームページへ
http://ryouhei.info/

<< January 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

<< 眩しすぎる | TOP | ひまわりの頃 >>

2017.06.25 Sunday

生田神社界隈の想い出

0

    JUGEMテーマ:日記・一般

    この土曜日は午後から神戸(生田神社会館)での研究会だった。

    予定より少し早く到着したので、かすかな記憶を頼りに生田神社界隈を散歩した。

    まさか、まだあるとは思いもしなかったが、鳥居の一番右奥のビルが記憶の片隅に残っていた場所だ。

    地震の後で、壊れたままになっていた壁は修復されてはいたが、想い出の地"Art Hause"だ。

    あれは確か2000年のことだった。

    たくさんの仲間の応援のおかげで、ローランドバンドパラダイス関西大会で素晴らしい賞をいただいた。

    僕の音楽の再出発の地だ。

    自分の出番の前に、鳥居の一番奥にある階段を上って、生田神社まで行き、ちゃんとやれるようにって、

    手を合わせ、お願いしたこと、昨日のことのようにはっきりと覚えている。

    研究会に勉強をしに来たはずなのに、懐かしさばかりが脳裏を駆け巡った日だった。

    写真は"Art Hause"向かいのごみ箱。

    おそらく当時のままだ。

    どうでもいい事なのかもしれないが、なぜか覚えている。

    あれは3月か4月のことだった。

    空気はあの日のままだ。

    僕にとっては大切な想い出の場所だ。

    ハーバーハイウェイ(200円道路)を通って帰路に向かう。

    思えば、あの日、不安と期待の中、一生懸命だけが僕を成り立たせていた。

    そんなことを想い出しながら、目の前の景色を懐かしむ僕がいた。

     

     

     

     

     

     

     


    コメント

    コメントする









    この記事のトラックバックURL

    トラックバック機能は終了しました。

    トラックバック

    ▲top