アクセスカウンター

篠了平(しの りょうへい)公式ブログ!

ぼちぼちと歩き続ける日々

篠了平公式ホームページへ
http://ryouhei.info/

<< September 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

<< アジサイと雨と海と | TOP | 想い出キッチン >>

2016.06.21 Tuesday

遠い記憶と季節のふちどり

0

     

    君の愛した季節は遠い想いに縁どられ

    寄せては返す波のようにね、永遠と繰り返すよ

    君の愛した季節にはやさしい声が聞こえるね

    幼い日々に描いてた未来に逢えるといいね

     

     

     

     

       ( 写真は野田さんち「ひだかや」はす向かい、派出所向かいの「コマシン」の壁 )

     

     

     

     

     

     

     

     

     


    コメント

    野田さんちのひだかや ・・・なんて・・・
    文字がデザインしてるね
    のだのあきちゃんは元気かなぁ

    ワイルドキャロットは
    野良人参て書くと
    樽井の浜に 似合う ね

    車でもパソコン前でも
    まにあいびと 中毒になってる
    あの少年がそのまんま歌ってる不思議
    ユウミン以来かな
    こんなノスタルジックな気持ち
    ありがとう!
    2016/06/22 10:42 PM by K.M
    野田のアキちゃんは、ずい分とスマートになり、その分しわが目立ってちょっと年よりも老けて見えるかもしれませんが、昔からするとずい分とやさしく穏やかな性格になられました。
    「まにあいびと」一杯聞いていただいてありがとうございます。
    無茶苦茶嬉しいです。
    はれだったら日曜日にはワイルドキャロットのぞいてきます。


    では・・・

    ryo
    2016/06/23 10:43 PM by ryo
    追伸。

    今朝、ワンコの散歩中にアキちゃんに遭いました。
    アキちゃん(一つ先輩なのでアキさんと呼ばねばならないのですが)はおばさんと軽トラに乗って仕入れに出かけていった様子でした。「ひだかや」を40メートル程下ったところで「ほか弁」屋さんを奥さんとやっていて、「ひだかや」さんにはおばあちゃんがいつもおられます。
    アキちゃんは、「ひだかや」と「ほか弁」屋さんの間をよく行ったり来たりしています。

    僕は犬の散歩でよく出会い、挨拶をさせていただきます。


    ryo
    2016/06/24 8:16 AM by ryo
    まぁ ご丁寧な回答をありがとう!
    泉南には似合わない?ステキなArtistから
    コメントいただけて「幸せ増す!」(山口の方言)

    あきちゃんとは
    ひょっとして6年間同じクラスだったかしら?
    そうね、確かに穏やかなご性格ではなかったかも(^_^;)

    そういえば いとこのとっちゃん、
    N病院の近くのお家で
    あきちゃんより怖かった(^_^;)
    あなたいじめられた?!(笑)

    ヒトの記憶って
    手繰り寄せれば
    まるでスクリーンの一シーンのように
    蘇ってくるもの ですね

    還暦は折り返し点とよく言ったもの
    過去のストーリーが懐かしい
    最近のことは忘れがちなのに(ヤバッ!)

    あなたの歌詞、曲、声が
    まだ青春時代してるよう
    つられて私も
    高校〜泉南でがっこのせんせーしてた頃に
    戻ってるわ
    ニューミュージックとやらが
    流行りの時代だったね

    では・でわ・・・
    次のブログを楽しみにしている
    "まちあいびと"より







    2016/06/24 11:47 PM by K.M
    そうですか、山口にお住まいでしたか。
    とても素敵なところだというイメージがあります。
    秋という季節だったり、そうだなー、雨なんかも似合いそうな気がします。
    修学旅行で行ったり、「遠くへ行きたい」といった番組から連想されるものなのですが・・・

    僕は多分普通の子供だったのだろうと思います。
    あきちゃんにいじめられた記憶はありません。
    それから、とっちゃんはいとこだったのですか。
    とっちゃんにはホントによく遊んでいただきました。
    どんなことをして遊んだかは想いだせないのですが、とてもやさしい時間を一杯過ごさせていただいた感覚だけはしっかりと覚えています。
    もしとっちゃんとお話しする機会がありましたら、感謝の気持ちをお伝えいただければ嬉しいです。

    それから学校の先生をされていたのですか?
    すごいって思うと同時に大変だったでしょう。
    なぜあんなに生徒たちが荒れていたのかという頃ではなかったでしょうか。
    今の歳だからある程度見渡せることも、若くして教育者を務めるなんてとてつもなく大変なことだったと思います。

    そして音楽観についてですが、僕の中では、ニューミュージックが現れたころまでがココロ揺らされるものを感じるものとなっています。
    やはり、シンプルであること、理論や目立つための技など持ち合わせない分アーティスト一人ひとりがぶれない個性をもっていたように思います。


    なつかしいコメントやら、ありがとうございます。
    「ねえさん」(K.Mさん)も頑張ってくださいね。
    僕もできる範囲で笑顔作りを頑張ります。


    それでは、次のブログへと参ります。


                    ryo
    2016/06/29 7:13 AM by ryo

    コメントする









    この記事のトラックバックURL

    http://blog.ryouhei.info/trackback/1173581

    トラックバック

    ▲top