アクセスカウンター

篠了平(しの りょうへい)公式ブログ!

ぼちぼちと歩き続ける日々

篠了平公式ホームページへ
http://ryouhei.info/

<< November 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

2012.12.11 Tuesday

整理整頓しなきゃ

0




    この季節になると

    身の回りの片付けのできていないことが、目立ち始める

    一年の区切り、けじめは

    来る年一年の行動に影響を及ぼすこととなる

    捨てるものは捨て、その後に整頓することとしよう

    しかし、自分の居場所が見えないほどにめまぐるしい時が流れ

    走り続けては、一日が終わる

    今日、片付けなきゃと、気付くだけの余力もない

    少しでも時間ができたら、速く実行しよう







     

    2012.11.11 Sunday

    今日は一日雨

    0






      今日は日曜日、そして一日雨だった

      バラに雨の雫

      綺麗であり、トゲもある

      それが故、情熱もあり、悲しみに似た憂い(ウレイ)もある

      故障を抱えながら、辛抱しながら

      今までようやくなんとか耐えてきたことすら思うようにならず

      どうにもならないくらいに辛い思いをしている姿を見ていると

      何ができるのだろうと考え込んでしまう

      ひとつだけ間違いのない真実は

      できる限り足を運び、ともにいるということを感じ合うことだ






       

      2012.08.18 Saturday

      autumn collection

      0
        JUGEMテーマ:日記・一般




        今日は、土曜日  

        仕事を終え、レコーディングに取り組み始めたら

        雷雨と、その合間を縫ってのセミの合唱

        くじけてしまった僕のハートは、小雨の中、ポタリングに向かった



        レコーディングを始めてからというもの

        健康なアーティスト生活とは言えない

        新しい楽曲を作る余裕もなく

        ひたすらに機械的な動作に明け暮れる日々は

        紛れもなく、新風など吹くことのない毎日だ

        心は明らかに羽ばたきたいと願っているのに

        想いを抑えこんで、よどんだ空気が換気できないままだ

        何かを成そうとする時には

        耐える時間だってとっても大切で、必要なことになる

        ここで、歯を喰いしばり

        確実なステップを刻み続けることが

        予定では一年後の

        成長した新たなスタートラインにつながるはずだ

        その時には、また心に響く曲が書けると信じている



        今日、僕の海辺の町まで、自転車に乗って出かけた

        ショウウインドウの中は、もう秋の装いになっていた

        心揺れる季節が、もうすぐやってくる


        焦らずに、一歩一歩の大切さを刻んでゆこう








        2012.01.22 Sunday

        冬のジオラマ

        0




          急いで、駆け抜けながら撮った写真

          ピンボケながらに、親子の繫ぎとめた手がそこにあった

          冬のジオラマ

          描ききれなかった、心の季節

          寒い季節だからこそ、今、シャッターを切ってみようって思ったんだ











          2011.08.08 Monday

          熱中症的 「蜃気楼」

          0






            ひたすら急いでいた

            仕事を13時に終わらせ、先週末の午後は

            梅田〜東大阪〜心斎橋〜上本町1丁目〜谷間地9丁目〜東大阪へと移

            動した

            大阪市内は、すべて徒歩で急いで移動したんだ

            結構な距離だった

            アスファルトの照り返しが、疲れてきた体に重くのしかかった

            ガラス張りのビルにうつった空は、カメレオンのように擬態し、蜃気

            楼となる

            ビルの谷間からは、大きな入道雲が挨拶をしてくれているようだった

            自らの好奇心と、誰かに還元できるであろうと思えるからこそできた

            体力消耗型の大移動だった

            体には熱がこもって、移動中に、「ボー」っとなりはしたが

            メイッパイ のことが出来た凝縮された一日だった






            2011.05.11 Wednesday

            雨は近い

            0




              雨は近い

              自転車の前かごに放りこんだ傘

              急ぐ 帰り道

              しばらくして、ポツリポツリと水滴が肌にぶつかり始めた

              おうちに着くまで大降りになりませんように








              ▲top