アクセスカウンター

篠了平(しの りょうへい)公式ブログ!

ぼちぼちと歩き続ける日々

篠了平公式ホームページへ
http://ryouhei.info/

<< December 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

2019.07.09 Tuesday

創造するべきものを探して

0

    JUGEMテーマ:日記・一般

    土曜の午後、研修会に向かう

    ブルーに塗られたガード下をくぐる

    会場のある建物は外見、それに内装の見栄えも近代的に見えたが煩雑な動線には少し戸惑いを覚えた。

    あの頃の未来を予感して設計されたであろう造形からは何が届いただろう。

    ・・・で、エスカレーターの先の会場に到着。

    2時間余りの講演を聞き、いくつかの質問もさせていただき、有意義な時間を過ごさせていただいた。

    帰り道の風景。

    港大橋を渡ると大阪観が一気に増えてくる。

     

    いろんなことについていけない、そう感じる自分がいる。

    できることだけでもと思い、踏ん張る自分がいる。

    今は、自然体をなくしたと感じている自分と戦う自分がいる。

     

    多くのぬくもりに助けられながらの日々である。

    感謝をしっかりと伝えなければならない。

     

     

     

     

     

     

     


    2013.04.17 Wednesday

    最後のひとひら

    0




      ひらひらと舞い落ちてきたひとひらを受け止める名もない草花

      人が歳をとっていくように

      風が吹き、やがて地に落ち

      空から冷たい雫が落ちてくれば

      草むらのすぐ脇の小川へと身を任せることになる

      自然の流れは大切で、僕たちの心に大きな感動を与えてくれる

      しかし、人生では

      自然の流れとは、かけ離れた罠を仕掛けられることもある

      どうしても自らの心と身体を同時に守らねばならないときがある

      守るのは自分のためではないことを胸に刻んで全力を尽くす

      これが人としてのせめてもの抵抗だと思う

      それでも、心のない大きな暴力に押しつぶされた時には

      自分でウソをホントだと思い込めるほどにウソを貫き通すだろう

      それも自分のためではない

      しかし、そう思うことで自らも救われることにつながるかもしれない

      やりきれないことがあっても、思いやる気持ちを持って行動を続けれ

      ば、大切な人の心も、自分の心も救われる時がやって来る

      そう信じて、今日も忙しい一日の始まりに

      一瞬だけでも、ゆったりと立って

      今日という小さな未来を心に描いてみる










       

      2011.09.20 Tuesday

      oh what a lucky guy I am !!

      0


         


        迷った時は自我の微塵もないと確信できるなら

        前を向き、進むべし

        朝、8時40分に今日をスタート

        昼食を取ることもなく、5時まで休むことなく work it out

        続いて場所を変え satelite workへ

        こちらは1時間で終了

        次いで大きな深呼吸して、今日を終えた

        今日が始まったとき、体調の問題で、不安があったが

        僕は「なんてラッキーなヤツなんだ」って思った

        いつだってそうなんだけど

        体調を崩すのは、必ずオヤスミの日に限定されるんだ

        今回も、連休の間は半日だけで仕事を切り上げて

        ゆっくりと体を休めたら、無事、今日をクリアーできた

        感謝 感謝 !!





        2010.06.29 Tuesday

        不明なときは ?

        0




          潜水艦?          ・・・・・不明          

          水上バス?          ・・・・・不明           

          水陸両用車?        ・・・・・不明        

          戦用車? まさか「ガス?」 ・・・・・不明

          誤想像           ・・・不穏招来

          対処法           ・・・語らぬか、言ってしまったら自然減衰                
                          を待つ、もしくは謝る。



          本当は幸せを運ぶ車だったかもしれないのにね、 こんな想像しちゃって。

          誤った想像は、自分だけじゃなく、周囲まで不快にすることも多いから

          言葉にする前に気ずいて良かったー 。 「ホッ」 ・・・反省、反省!!

          でも、この車、一体なんだったんだろう ?





          ▲top