アクセスカウンター

篠了平(しの りょうへい)公式ブログ!

ぼちぼちと歩き続ける日々

篠了平公式ホームページへ
http://ryouhei.info/

<< November 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

2017.08.24 Thursday

あーあ

0

    JUGEMテーマ:日記・一般

    ダメな自分を二日も続けてしまった。

    返却口から昨日の自分をなかったことにして返却してしまいたいと思った。

    自分自身に対して「いい加減にしろ」とココロの中で叫んだ。

    書くことで自分自身を落ち着けようとしている自分がいる・・・

    十分反省しなければならないが(しているつもりだが)、あとは時のたつのを待つことにしよう。

     

     

     

     

     


    2014.06.25 Wednesday

    [東京都議会でのやじ問題」で、自己申告しない議員たちが引き起こす今後の問題とは・・・

    0



      黙っていて判らなければいいなんて

      例えば、いじめ事件が取り上げられた時に、見つからなければ悪いことをしてもいいと
      子供たちに奨励しているようなものだ。

      この国の未来を託す子供達に大変なあやまちを植え付けることになる大変重大な事件だ。

      自分のしてしまったことの中でも、自分の中で片付けるべきものと、
      自分以外のたくさんの未来のために、自らを白紙にしてでも謝罪する姿を示さなければならない
      ものがある。

      ましてや民に選んでいただいた民の模範とならなければならない議員職につく者の行動が、今の世代だけでなく、子供たちにまで、わかってはいるけれども、見つからなければ悪いことをしてもいいんじゃないかっていう潜在意識を植え付けることになりかねないこの事態は憂慮に値するものと感じさせられてならない。

      今、是非、勇気を持って、お世話になった民へのあるべき姿を示していただきたいと願うのは、この国の未来を案じ一票を投じた者たちに対し示すべき行動だと思えてならないのです。

      ここはそう広くはない港の入口、行き来する船こそ少ないが、
      未来に事故など起こりませんように・・・
      自らに赤信号を灯せたときに、自らも、子供たちの未来も青信号にして歩み、守ることができるのだろうと思います。





       

      2013.07.07 Sunday

      マスメディアの生む悲劇・・・  

      0



        別々のこと考えている?

        同じこと考えているなら喧嘩のあと?

        仲直りを考えているところ?

        同じ場所にいるから大したことない?

        同じ場所にいるから深刻?

        壁に貼られた一枚のイラストから そんなこと連想させられたが

        見れば見るほど大したことなさそうだが、いい着地ができたらいいな

        僕たちは情報に踊らされ

        本質は自分達の中にあるのに、社会により欺かれ騙されそうになる

        メデイアの仕事に就くものが、情報を受け取る側の心を考えずに

        発信し、人を深く傷つけている場面をあまりにも沢山目にする

        判断する立場にないものが、人の心に触れることへのコメントなどし

        ないで欲しいと願ってやまない

        大阪市長の橋本氏の従軍慰安婦発言もその典型に思う

        思いやりや、人の心を持ったものなら、

        静かに忘れようとしている、いたたまれない過去には

        心が痛くて触れられないと思うのだが

        それが最低限で精一杯の人のぬくもりというものだと思うのだが

        どうして、役人や、新聞の記事を扱う者には、一度にたくさんの

        人を傷つけるかもしれないということがわからない人が、こうもたく

        さんいるのだろうか

        優しく語りかけなければならない自分の立場を、いつの間にか力を得

        たと勘違いし、その結果、数えきれないほどにたくさんの人の心を傷

        めつけてしまっている

        心静かにたいしたことなく通り過ぎてゆくはずだったことも、心無い

        私見で、より一層、苦しみをまとう人たちがいることを忘れてはなら

        ないと思う

        この壁のポスターのふたりは、やがて世の中のくだらない干渉とは関

        係のないところで、心の落ち着き場所を見つけるだろう











        2013.06.30 Sunday

        軒下

        0

           

          ちょっとしたことがきっかけで

          責めること

          それは誰も幸せにはしない

          それはいずれ自分を惨めにする

          それはいずれ自分をも不幸にする

          でも、偽りのない真実であったことだけは信じたい

          過ちのない対処ができなかった自分に対する自責の念が伝われば

          それだけでも心は救われる

          心安らぐ場所だと確信が持てないからだろう

          今年もこの軒下にスズメは巣を作ることはなかった





            




          2013.05.15 Wednesday

          僕はダメな奴です ・・・それでいいですか?  もういいですか?

          0



            好きなように思って

            好きなように気が済むように

            誰になんと言ってもらっても結構ですから

            僕はダメな奴ですから 

            とてもチッポケで、最低なやつですから

            それでいいですか?   もういいですか?

            僕の命が耐えても、お葬式もしないでください

            誰ひとり、来てくれる人なんかいないですから

            生きている間に充分ダメなやつでしたから

            恥なんて充分かいてきましたから

            死んでまで、寂しいやつだと

            ダメ押しをしなければいけませんか?

            踏みとどまり、守ろうとするエネルギーは結構大変な努力が必要です

            心無い言葉を発する人は、それなりの心寂しい人なのでしょうが

            一般社会に馴染まないのに、一般人のささやかを知る由もないのに

            おとしめる言葉を吐き出し続けているのに、のうのうと同じペース

            で、当たり前のように、また周囲を傷つけ続けている

            もう憎む気持ちを持つ力もありません、ただ悲しいだけです

            もう、その声は聞きたくありません

            築き上げる苦労の必要のない方にはわかるはずもない事でしょうが、

            築いたものが壊れるのは、心無い言葉で傷つくのは

            いとも簡単に起こることです

            そんなこと、おわかりになることなど、この先もないとは思いますが

            どうか、僕以外の身近な人にそんな言動は謹んでください

            つまらない僕ですが

            ただ一つだけ、いい加減じゃなかったことは

            精一杯、力の限り、もがきながらも生きようとしたことです

            尽くせることは、尽くしてきたと思えることです

            だから、誰がなんと言おうとも

            ぬくもりを伝えられるやつになりたいと思うのです






            2012.11.14 Wednesday

            虫歯

            0




              僕は歯医者が大嫌いなんだ

              悲しみが溢れて、こぼれて

              やりきれないくらいに辛い思いになってしまうんだ

              だから、虫歯なんかになりたくないのに・・・

              なんで虫歯なんかになるんだよ





              2012.06.02 Saturday

              身売りした町、閉鎖した商店

              0






                泉佐野市が、町(市)の名前を売りに出した。

                古くは、国名が「和泉」で村名が「佐野」に由来すると聞いた。

                赤字補填のためといえど、この地を愛する在住の民や、

                ご先祖様が守ってきた歴史ある町(市)の名を、

                政治に携わるものだけで

                売りに出してしまっていいものとは思いがたいんだけどな。

                僕は隣町の住人だけれども、おせっかいながら

                この町の人たちの心にとって

                安らぎある結果であって欲しって願うばかりだ。

                チカラで現実を壊された者達は何とか肩を寄せ合いながら

                心だけはと今日をつむいで生きているのにね・・・

                法規上、犯罪になりがたいことは

                思いのままに力でねじ伏せることを平気でやってのける者などに

                人として愛する幸せの意味などわかるはずもない。

                それと同じこと

                利権に走った政治家達のバブルのツケを彼らの手により

                今度は、心まで奪い取られる思いになるのは僕だけなのだろうか?

                シャッターの上がらなくなったお店の中では

                今までこの町を支えてきてくれた老人が、この町の思い出とともに

                静かに余生を送っているかもしれない。







                 

                2012.02.18 Saturday

                心寂しい人よ

                0




                  人の苦労や、努力などには、お構いなしに

                  頼みごとするのにすら

                  独りよがりな感情を前面に押し出して

                  話など聞く耳など、もうとうないままに

                  あげ足を取っては、不条理に追い詰めて

                  まるで、勝ち誇るぞと、心をえぐらんとする言葉の連射

                  僕は、社会通念と、人の「和」を微塵も感じさせない言動の壁に

                  はさまれる思いでイッパイになっていた

                  本人には、そんな意識など何処にもないのだろうな

                  以前、彼は弟と一緒に、僕のところにやってきたことがある

                  彼はいい歳をして、

                  弟にさえ「自分の力を示さん」とばかりの勢いだったし

                  その結果、自分の年老いた母親さえも不幸にしているようにうつった

                  周囲からは「やさしくするとつけ込まれるぞ」との声も頂戴した

                  いくつかの考えを重ねてみた

                  そして、こんなときは、決して逃げることなく、

                  自分のテリトリーの範囲に限って、力を尽くすべしと結論ずけた

                  モンスターと呼ばれる人は、実は、

                  何処からも隔離された、心寂しい 人のように思った

                  何かを頼むときくらいは

                  頼み事のために、動いてくれている人の心を

                  思う気持ちを思いやらなければ

                  より良い結果が快く導かれないかもしれない

                  自分のお母さんを守らなきゃいけない時なのに

                  そこにさえ思いがはせないなんて・・・

                  きっと、自分以外の人にやさしく尽くしたことがないんだろうな

                  お母さんは、きっと尽くしてくれたはずなのに・・・

                  だから、こんな気まずいことになっているんだろうな

                  僕はこの人のためではない

                  「苦労してきたきたお母さんのためだったら

                  もう一度、自分の気持ちを白紙に戻して、力になれるよな!!」

                  そう、心でつぶやき、前を向くことにした

                  そうすることで、理不尽なことにも、壊されないですみそうに思えた










                  2010.12.17 Friday

                  止まりましょう

                  0





                    善人の仮面を被り、だませるとでも思ったのだろうか、

                    悪人にも及ばない、みえみえの、わがままなだけのローグレードの自己中。

                    ある国では、一人っ子政策の結果、社会に適応できない、心貧しいわがま

                    まな中流階級以上の人種が増えているという。

                    弱者が何も気付かずに「ありがとう」っていって心ゆだねているのに、

                    それをいいことに、「止まれ」の意味が解らないほどに我がままで、平気で

                    我をとおして相手を傷つけている。

                    そんなことにも気ずかず、よくそれで平気でいれるもんだなって思うわけで

                    す。

                    一日でも早く、少しでも、自分の我や、くだらない我がままに気ずいて欲し

                    いって思うのは、やはりそれを語れない立場の、社会的弱者の多くの善人

                    たちでした。







                    2010.11.30 Tuesday

                    姑息的復旧と、アナログな自分

                    0

                      アナログの世界には、心の息ずきに、感銘を覚える場面は多々ありますが、

                      しかしながら、デジタルの世界には、何か打ち解けない壁を感じ続けていま

                      す。



                      「上手に使い分ければいいこと」ってよく言われるわけですが、そんな風に

                      割り切って考えられないアナログな自分がいるわけで、人の親切な助言を

                      「ありがとう」っていう気持ちだけ返して、結局、普段は、このブログ以外

                      は世界中で間違いなく一番下手だと断言できる文字を「何でこんなに下手な

                      んだ」と悲しいほどに恥ずかしいと思いながら、ぬくもりを伝えたいがゆえ

                      に書き続けているわけです。

                      普段迷惑を、こうむっている皆さんごめんなさい。

                      デジタル化っていう文字の変換手段を利用すると、自分の中では、自分の具

                      合悪いところを隠したり、カバーしたりできる便利な代物かもしれませんが

                      正直に、できの悪いところも背伸びせずに見せて、敷居のない自分で、無理

                      に高めることなどのない姿を見ていただきながら、付き合いをしていただい

                      たほうが、ザックバランでいいように思えて仕方がないのです。

                      フォトブログのほうも、一回一回、遠回りをすれば、なんとか、姑息的復旧

                      ができそうですので、頑張って再開してみます。







                      ▲top