アクセスカウンター

篠了平(しの りょうへい)公式ブログ!

ぼちぼちと歩き続ける日々

篠了平公式ホームページへ
http://ryouhei.info/

<< November 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

2017.10.29 Sunday

忘れ物  (昨夜の例会)

0

    JUGEMテーマ:日記・一般

    例によって例会に参加させてもらって過ごす時間は楽しくあっという間に過ぎる。

    新参者の僕にも話しかけてもらえることはホントに嬉しい。

    でも、ひとつ問題があって・・・

    何もことなく、家にたどり着いたことがない。

     

    今までは飲みすぎて、フラフラになって駅までたどり着くのが大変だったり、

    寝込んで乗り過ごしてしまったりだった。

     

    今回はお気に入りのG−SHOCKの腕時計(ひょっとするとメガネも)を忘れてきてしまった。

     

    おそらく、3件目のお店だと思うけれど、定かな記憶はない。

    帰りのタクシーに乗って少し行ったところで気づいたが、

    この辺の地理に詳しくない僕は、戻ったとしてもお店にたどり着かないのは明らかなことだった。。

    そこでサッコンに電話させてもらい店の連絡先を教えて欲しいとタクシーの中からお願いをした。

    お店はウッチが知っているとのことで、お店に連絡を取って、また連絡をくれるとのことだった。

    酔っぱらうと迷惑をかけてばかりで、サッコンにも、ウッチにもホントごめんなさい。

     

    もし見つかったなら、店の名前と住所と電話番号をサッコンの方に伝えておいていただければ

    サッコンから連絡をもらえるかと思います。

    そしたら、お店に伺おうと思っています。

     

    (一応、ふぐ政にも、カラオケ屋さんにも確認しましたがなかったです)

     

     

    ホントに御面倒をおかけし、申し訳ありませんです。

    以後、気を付けます。

    よろしくお願いします。

     

     

     

     

     


    2017.09.05 Tuesday

    もしも虫歯が痛んだら

    0

      JUGEMテーマ:日記・一般

      もし、虫歯が痛んだら歯医者さんに行くしかない。

      受付に着いて「お願いします」とひと言ったら、ひと安心。

      宝くじ売り場で宝くじを買ったら半分当たった気になるように、もう治った気になっている僕がいる。

      受付のモーモーちゃんに残った歯は一本だけ。

      なのに笑っている顔が、現実なんかよりもココロの持ちようで何とでもなりそうな未来を予感させてくれる。

      歯が治ったら宝くじを買ってみよう。

      現実と空想の間を何週分かを買ってみよう。

      そこには「かもしれない」がいくつも並んでいて、現実を飛び越えたもしも以上のウフフがある。
      突然、歯を削るローターの音とともに、現実に引き戻された。

      でも、歯が治ったら、僕は宝くじを買うことにした。

       

       

       

       

       


      2016.02.19 Friday

      特殊検査

      0

        60年近くも生きているとあちこちに故障が出てくる。

        命には別条のないものだが、まだまだ頑張らないといけないから

        一年に一度検査を受けに隣町までやってくる。

        悪くなってないといいのにな・・・

        今日、頑張らさせてもらっている自分がいることに感謝する気持ちがよみがえった。













         

        2015.08.28 Friday

        感違いということはないか?

        0


          あまりにも、激しい口調での否定があったので、もう一度事実関係を確認することにした。

          自らの聞き取りの間違いはなかったのかも含めて再調査することにした。

          当人の過ちであったとしても、これ以上問うことはせずにスルーするつもりだし、

          僕の聞き取りの間違いなら謝らなければならないと思っている。

          ただ普段、周囲の人を振り回すことが多い人だけに、余計に僕自身思いこんでいる可能性も

          ゼロではないので、僕自身最新の注意を払って事実確認をしようと思っている。

          明日は、美しいものは美しいと素直に思えるようにしなければならない。

          そういうことだって思う。




















           

          2015.07.21 Tuesday

          自転車にて転倒事故

          0


            道にひかれていたワイヤー(カバー)でタイヤが滑って、サイクリング中に転倒

            手首の尺側と親指の付け根が腫れて痛くてちゃんと動かせない

            レントゲンを撮り、骨折はない模様だが、30年位前に尺骨の端が一度亜脱臼した時と同じように

            手首が動作のたびに、コクン、コクンと引っかかり変な動きをして痛む。

            それ以上に親指の付け根が痛い。

            迷惑をかけながらの仕事となるのが心配だ。

            しばらくは仕事以外は休業としよう。

            理由のあること、ないこと、いつも何かに追いかけられ続けている気持ちの僕には、

            変かもしれないが逆にいいココロの休養になればいいのにとも思っている。

               (こんなことでも、のちに、乗り越えられたやんと思えたらココロ強い経験値になるようで)

            なかなかこの辺は時間と日を重ねていかないと結果は語れるものではないのが

            今までの経験上の結論ではある。

            とりあえず今日、第一日目をどう越えることができるか?   前向きに行ってみよう!












             





             

            2014.07.19 Saturday

            自我の及ぼす影響に見る人の心のかかわり方

            0

              人はおそらく誰しもが自我という物を内面にかかえ、社会や人と関わる毎日を過ごしている。
              時として抑えられなかったり、譲れなかったりする自我に出会っても、
              誰かの心の正義や平穏に迷惑をかけるかどうかを、よく考えてから行動に移すことができれば、
              自我を発しようとする方も自ら人としてあるべき姿に気づき、
              その自我を向けられた場合に心のやり場のなくなってしまう方も、
              やりきれない思いを抱える事態だけは、互いに回避できるものと思えるのです。
              ひと呼吸置いてからでももいいから、そういうふうに、お互いに想い合ってみませんか。
              思い合うだけで、少しでも互いの心安らぐ道が見えたり、
              互いに非のないことであれば、自分たち以外のせいであることに気づくかもしれないし、
              そして、答えの一つとして、決して触れてはならないものだと気づいたり、
              永久(とわ)に何の接点をもってはならないと心しなければならないものがあることにも気づくのです。








               

              2010.05.28 Friday

              歯がイテー

              0




                ここの歯科医院

                よくしゃべる受付嬢?と

                歯が痛くて来てるのに

                余裕で笑ってる矯正中のワンコと、歯の抜けちまったモーモーちゃんが

                「大丈夫ですから」と言わんばかりに迎えてくれるけったいな受付なんです

                そんでもってこの写真を撮らしてくださいねって言ったら

                院長は最近、写真にはまっているらしく

                「デジカメやるんですか」なんて声をかけてくれました

                実は僕、バカチョンでしか写真取れないんだけれどね

                「マア」なんて返事をしてしまうのでした

                実はこの方、僕の楽曲「7月の太陽」の

                モチーフにさせていただいた、とても心あたたかな方なのです



                ▲top