アクセスカウンター

篠了平(しの りょうへい)公式ブログ!

ぼちぼちと歩き続ける日々

篠了平公式ホームページへ
http://ryouhei.info/

<< October 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

2018.04.30 Monday

まっすぐ

0

    JUGEMテーマ:日記・一般

    オカン(店主)とクマ(オカンの愛犬)の営む喫茶店

    クマは16歳。

    白内障が外から見てわかるほどだ。

    オカンの旦那さんが亡くなってから、クマはオカンのココロと共に生きてきた。

    一匹と一人はいつも一緒だった。

    「まっすぐ」の意味を教えられた気がした。

    動物はやさしい。

    ただシンプルに生きることの意味を教えてくれる。

    人のように迷うことなどなく、ただ優しくまっすぐに命を育む後ろ姿は語っていた。

    僕に不足しているものを伝えようとしてくれていた。

    車道の先頭に立ち、僕はペダルを止めた。

    後ろの車たちも停車してくれた。

    まっすぐな眼差しで、動物たちと共に今日を生きていると感じた。

     

     

     

     


    2017.03.22 Wednesday

    歩く、泳ぐ、飛ぶ、

    0

       

       

       

      気取って歩く

      精悍に泳ぐ

      飛ぶと結構デカイな

      それに上から見ると意外と白くないな

      カモメって

       

      まんまのことの方が普通にあるけれども

      意外なことも意外とある

       

      何十年も前の感覚がそのままだったり

      意外な面があったり・・・

       

       

       

       

       

       

       


      2017.01.27 Friday

      動物園

      0

        僕は動物園が好きだ

        晴れの日の動物園もいい

        雨の日の動物園もいい

        久しぶりにやってきた天王寺動物園は晴れだった

        リニュー‐アルすると聞いてはいたが、エントランス前がこんなにきれいになって

        以前を知る者にはあまりにもらしくない姿だ

        通天閣の見える公園内の通路では昼間から酔っぱらったおっちゃん、おばちゃんが

        僕の知らない演歌を大音量のカラオケをバックにステップを刻みながら熱演し

        身内だけとは思えないほどの、実は身内だけの大きな声援と拍手が繰り返された光景は

        寂しい限りだが今はもうない

        リニューアルされた園内は見える部分については随分とキレイになった

        でも動物たちのいるスペースはキレイにされている様子はなかった

        そう、それでもシロクマ君は買い物にお出かけする様子で楽しそうに泳いでいたので安心させられた

        キリンさんはすらっととても背が高い

        ハルカスと背比べをしてみてもわかることだが、僕はキリンさんに軍配を上げたいって思ったんだ

        キリンさんて近くで見るとハルカスより首も長くって背が高く思うんだよ

        大阪駅周辺の再開発のように「洗練」という言葉からは程遠いところが阿倍野周辺の魅力であるように思う

        それぞれの精一杯を身銭で成り立てる町

        僕はこの動物園が好きです

        この街がいつまでも懐かしく、世の中の基準にない一番であり続けてほしいと思うのです

         

         

         

         

         

         

         


        2016.01.28 Thursday

        君の名は?

        0

          君は誰だい?       

          名前は?   

          どこから来たの?



          足早に枝を飛び移り、楽しそうに見えた

          眩し過ぎる青空のもと、まるで春を呼んでいるように映った








           

          2010.12.03 Friday

          2羽のサギ

          0




            サギは、とても、用心深い鳥です

            片足を上げステップを刻んで楽しそうにしていました

            15メーターは離れていたと思いますが、カメラを向けた瞬間にとんでいっ

            てしまいました

            きっといつか、心のどこかに負うものがあったのでしょう







            2010.06.18 Friday

            アチチ

            0




              お散歩も大変です

              物陰に隠れていても、アッチー アッチッチーです

              アッスファルトも照り返しもたまりません

              そろそろ夕暮れに連れ出すようにしてくださいね・・・  





              2010.05.11 Tuesday

              ラビット

              0




                散歩をしていたら

                少女に連れられ散歩しているウサギに出会った

                猫の散歩以上に珍しいだろうな

                幸せそうで、幸せをもらった

                動物って、やりきれない時、明日への向き合い方を教えてくれるよ!!

                こころだとか

                いとおしいとか

                大切にしたいとか

                守りたいとか

                時には、人に対して以上にそう思ってしまうのは

                その純真のためなのだろう


                ▲top