アクセスカウンター

篠了平(しの りょうへい)公式ブログ!

ぼちぼちと歩き続ける日々

篠了平公式ホームページへ
http://ryouhei.info/

<< January 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

2020.01.12 Sunday

冬の色

0

    JUGEMテーマ:日記・一般

    この辺りではもともと雪や氷にかかわる行事なんかはないけれど、

    暖冬で寒冷地の冬の風物詩が見られなくなっていると聞く。

    冬木立が立ち並ぶ景色もようやく冬らしい佇まいになった。

    寒いのも暑いのも苦手だけれども、四季のある喜びを感じる。

    今はモノトーンがきれいな季節だ。

     

     

     

     


    20:08 | 季節 | comments(0) | - | - | - |
    2019.12.08 Sunday

    12月の公園

    0

      JUGEMテーマ:日記・一般

      冬の公園

      ベンチに座る人はいない

      少し離れたところで親子がボール遊びをしている

      枯葉を踏み占める音が寂しく乾いた音を立てて耳に残る

      季節外れに咲いた桜だろうか

      この季節に咲く桜なのだろうか

      幹には「じゅうがつざくら」と名が記されていた

      見上げると、残るイチョウの葉も少なくなった

      冬の空だな

      いよいよ寒くなってきた

       

       

       

       

       

       


      2019.11.25 Monday

      冬のバラ

      0

        JUGEMテーマ:日記・一般

            

        寒さの中、鉄柵にしがみつきながら咲くバラ。

        その向こうでは虫に食いつくされた葉を抱えた茎が空に向かっている。

        花をつけることはなくとも、一筋の光へと向かう思いがある限り、

        その輝きは永遠に失われることはない。

         

         

         

         


        2019.11.20 Wednesday

        深まる季節

        0

          JUGEMテーマ:日記・一般

          季節が深まり始めた

          冷たい空気が木々の合間に満ちてゆく

          季節を染めてゆくモミジ

          またこの景色に逢えて、「ありがとう」って気持ちがやってきた

           

           

           

           


          2019.11.03 Sunday

          autumn leaves

          0

            JUGEMテーマ:日記・一般

            今年もこの季節がやってきた

            オータムリーブスはすばらしい

            とびっきりの名曲だ

            なのに、多分、僕は音源を持っていない

            実に不思議な感覚だ

            音源を持たないほうが、うまく言えないが、

            身近にはないから、

            簡単には手が届かないという大切感があるのだと思う

            きっと、その「大切感」をなくしたくないのだと思う

             

             

             

             


            2019.09.05 Thursday

            芙蓉の花、光と戯れる

            0

              JUGEMテーマ:日記・一般

              光と戯れ鮮やか色をまとった芙蓉の花

              こんなに鮮やか色した芙蓉の花に出逢ったのは初めてだ

              素敵だ

              ちょっとドキドキって感じかな

               

               

               

               


              2019.08.24 Saturday

              今年初めて肌に秋を感じた日

              0

                JUGEMテーマ:日記・一般

                令和元年8月24日、今日は今年初めて秋の空気を肌に感じた日だ

                緑は深いがセミの鳴き声は真夏の勢いではない

                肌を通じて体感する季節の訪れにはときめきに似た心の動きを感じる

                研修会を終えると小雨が降っていた

                高校生の時にお世話になった楽器店だ

                どうしようもない懐かしい思いが押し寄せてきた

                歩んできたいろんなこと、想い出した

                 

                 

                 

                 


                2019.07.27 Saturday

                かき氷食べよ

                0

                  JUGEMテーマ:日記・一般

                  南に向かう道路の先には、かき氷みたいな夏雲が「ヤー」と顔をのぞかせていた

                  この夏初めてのかき氷

                  やっぱり抹茶ミルクだな

                  つるされたハダカ電球

                  倉庫だったのだろうか

                  もともとのレトロな雰囲気を若い店主のセンスでアレンジしたのだろう

                  そうそう、看板に書いてあったようにかき氷はふわふわだった

                  帰り道

                  夏雲は、夏本番に向かってしっかりと成長していた

                   

                   

                   

                   

                   


                  2019.07.11 Thursday

                  今日という夏の日

                  0

                    JUGEMテーマ:日記・一般

                    アスファルトの道があって

                    その熱が反射してできた、ゆがんだ空気の上を

                    知らない人の知らない車が通り過ぎて

                    海は太陽の光を映し

                    白い雲をちりばめた空は青くたたずむ

                    今日という夏は君だけの無声映画の一コマ

                    どこかにいるもう一人の僕が、僕にそう話かけてきた

                     

                     

                     


                    2019.06.22 Saturday

                    夏の日差し

                    0

                      JUGEMテーマ:日記・一般

                      夏の日差しがやってきた

                      背中が暑い

                      にじむ汗、シャツ超しにジリジリ光線が襲ってくる

                      そんな中、青空を背景にしたコスモスはさわやかに映る

                      ハスでいっぱいになった池にはムーンとした熱が立ち込めていた

                      この場所には20年以上立ち寄ることもなかったが、その昔にはハスはなくて、コイがたくさん泳ぎ、何か餌を

                      あげた記憶がよみがえった

                      木漏れ日というにはまぶしすぎる光の造形

                      歩むスベをどのようにして見出せばいいのか

                      ひとつづつ試してみては、模索しているが

                      少し疲れてしまった

                      望むものは、自然な心の風景、安らぎの時

                       

                       

                       

                       

                       


                      ▲top