アクセスカウンター

篠了平(しの りょうへい)公式ブログ!

ぼちぼちと歩き続ける日々

篠了平公式ホームページへ
http://ryouhei.info/

<< November 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

2018.09.18 Tuesday

「こりん」とおさんぽ  2018、9/15

0

    JUGEMテーマ:日記・一般

    2018年9月15日、こりんのお葬式の朝、こりんの首輪と一緒に、こりんとずっと歩いてきた道を、歩いた。

    この門を出るとお散歩が始まる。

    ローソン前の横断歩道に出る。

    見すぼらしい道に映るかもしれないが、僕の住む街の駅下がりの目抜き通りだ。

    こんな風景も「こりん」と歩けばキラメイテいた。

    横断歩道を渡り路地の突き当りには、電気屋さんがあって、そこには「ガムちゃん」というワンちゃんがいる。

    「こりん」はそこで「ガムちゃん」に元気よくおはようのご挨拶をする。

    ビニールハウスの間を進む。

    この間で、ウンチを澄ますのが「こりん」の日課だった。

    突き当りを左に曲がると左側に窪地がある。

    ここにおりて、オシッコを済ませる。

    もう少し進むと標識のポールがあって、よそのワンちゃんのオシッコが染みついているようだ。

    「こりん」はクンクンしながら近づいて行って前を見ることもなく、前方不注意のまま、

    よくこのポールに音がするほどに頭をぶつけて「ア痛」って表情でこっちを見る。

    何ともかわいい。

    元気な時はすごい勢いで飛び越えていた溝蓋。

    交番前の化粧品屋さんのプランターの下をくぐって

    美容室前の神話に出てきそうな像を見上げながら歩く。

    よくお買い物に行くローソンの駐車場を横切る。

    キープレフトでおうちに向かう。

    ただいま。

     

    こうして、「こりん」がオウチにいてくれた最後の日の散歩はココロに刻むことが出来た。

    「こりん」がまだ1歳の時、そんな小さな命の時にも胃穿孔と腹膜炎で命を落としそうになったことがあった。

    その時にも手術を受け、どうかその小さな命が救われますようにとの思いで書いた「こりん」という曲がある。

    9月15日、「こりん」がオウチを出る前に家族でその歌を唄い、みんなでオウチを後にした。

     

    そして、家族で「こりん」を送った。

    いっぱいのシアワセをありがとう。

    「こりん」

    「ありがとう」

    「ありがとう」

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     


    2017.10.31 Tuesday

    wanna say to you "arigato" / in the morning

    0

      JUGEMテーマ:日記・一般

      みんなに迷惑をかけてばかりで、

      「ゴメンナ」

      でも、いつも、ちゃんと最後まで面倒見てくれて、

      「アリガト」

      次回は、お返しをさせてね!!

      from ”BIG BLUE”

       

       

       

       

       


      2017.04.05 Wednesday

      サイクリング

      0

        サイクリングに出かける

        大勢でのサイクリングもまた楽しい

        初めてあ合う人との笑顔のやり取りがあったり

        一年ぶりを懐かしむ声があったり

        午前中は小雨にたたられ、とても寒くて体が震えもした

        でも、こころアッタカナ一日だった

        病床の父には好物の干し柿を買って帰ろう

        今日もまた人生の一日に刻めるようにと・・・

         

         

         

         

         

         

         


        2015.12.20 Sunday

        くっきりの冬空

        0


          冬らしい寒さになった

          冷たい風が顔にぶつかる

          僕は風とお話できるこんな寒い日が好きだ

          ポケットのぬくもりが恋しい












           

          2015.08.13 Thursday

          少しシックに

          0



            真夏には鮮やか色が定番中の定番、

            やはり、変わらずこの季節にも、シックなカラーを持ってこられるとココロはトラワレテしまう。

            そんな存在でいたいな。













             

            2015.08.05 Wednesday

            9歳

            0


              愛犬は9歳になった。

              確かに、若かったころのようなはしゃぎっぷりはない。

              そして突然、昨朝からは体調不良で元気がない。

              獣医さんに診てもらったがデータ上の心配がぬぐいきれない。

              今まで、僕の心をいっぱい救ってきてくれたワンコだ。

              言葉のない君は、言葉のあるもの以上に守りたいと思わされる。

              早く元気になって秋にはまた大好きな散歩に出かけようね。













               

              2015.07.24 Friday

              ご報告

              0

                胸を張ってご報告できることなど何一つない。

                自分なりに一生懸命に生きてはきたつもりだが、迷惑をかけてばかりのこれまでの僕の人生だった。

                何とかしようとしてはいるが、空回りをしていたり、足りないことだらけの自分に、

                どうすればいいのか分からなくなったりもする。

                そういうことがもう何年も続いている。

                我が家では、家族が平穏でいてもらえること、笑顔がひとつでも増えるようにと、

                その時々に気をつけて行動しようと心がけはしているつもりだが、足りない事ばかりだ。

                とりわけ、苦労の絶えない家内のココロが少しでも休まるようにと思っている。

                しかしながら、結果が伴わないという事は、やはり僕がこと足りぬということなのだ。



                別の話になるが、

                話を切られるということは、その話に問題があるからと悟る必要がある。

                それでも、その時点で理解を深めようとしないなら、

                僕のことを、あんたはひどいよと思われているのか、見下しされているのかのどちらかである。

                主体を自分に持とうとするのはあまりに幼すぎないか?

                僕にしてみれば、大切なのは自己主張よりもいやな思いをしたり、

                立場の悪くなる人が出てこない気くばりの方が大切だということだ。

                そのためのポイントだけを抑えるようにお願いし、

                僕は多くを語らずにことをスルーすることにした。

                当事者にいやな思いが残らないのが一番ありがたい。

                ここは少し時間をかけ見守ることにしよう。




                さて、先日、

                先日、上田さん、松村さんと、時を共にしていただく機会があり、

                「幸せの在りか探し」の時間みたいなひと時があって、僕ら?

                少なくとも僕はとてもハッピーで、大はしゃぎして話が盛り上がった。

                「コバチャンがすごいぞ!!」って言う検証の話だったんだけど、

                本人が自分のすごさに気付いていないのに、とび抜けてすごいっていうのは、

                客観的にもすごいので、このまま本人の気付かないままのすごさで、い続けていただきましょう。



                こういった飲み会の席から派生して、新たなつながりがまた増えようとしている。

                誰かのせいで、と、人生をまっすぐに見つめられなくなった自分がいる。

                しかしながら、あまりにもたくさんの人に救われながら、今日息をしているのは間違いのない事実だ。

                返せることは、返してゆきたい。






                 






                 

                2015.07.17 Friday

                ホームページ立ち上げ記念の日

                0


                  Uさん、Mさん、Nさん、のおかげで新しく素晴らしいホームページが立ち上げることができました。

                  当然のことながら、初代ホームページ制作者、ナカーズさんの作品もちゃんと光を放っています。

                  皆さんのやさしさと心強いチームワークがあったからこそ、ここまでやってこれました。

                  少しでも、「篠了平」の作品を知っていただき、届けられるように、

                  聞いていただき、一人でも多くの心安らいでいただける人に出会えますようにと・・・

                  皆さんのお力添えのオカゲでようやく新たに発信できる形が整いました。

                  皆さんそれぞれにしなきゃいけないことをたくさん抱えておられる中、

                  笑顔で助けていただいたことを心から感謝しています。

                  というわけで、今日は「やったね」と「ありがと」の会です。

                  一軒目、少し隠れ家っぽい場所にあるお店でのシェフのお勧めディナー。

                  タイミング良く出されるのはシェフの細かい気配りがあるからでしょう。

                  どれもおいしかったけれど、久々のレイセイスープは特においしかった。

                  (重箱の隅をほめるようで変なんだけれどね・・・)



                  そして、なんか訳も分からないほどの、日常のぬくもりを教えてもらっているひと時でした。



                  2軒目、ここでは僕はお酒は弱いからと言っておきながら、最初は水割りだったのに、

                  気がつくとロックを立てつずけにグイグイといってたような気がします。

                  間違いないでしょうか?

                  店の場所は覚えてるけど、名前は不明!!

                  僕は好きなこと言ってたけど、「ありがと」を伝えたかった夜でした。

                  「ありがと」・・・



















                   

                  2015.06.28 Sunday

                  ありがたいことに

                  0
                    JUGEMテーマ:音楽


                    ありがたいことに、たくさんの方にお世話になることができて「まにあいびと」は歩み始めた

                    何事にも代えることなどできないお力添えのおかげと心から感謝の想いが絶えない

                    「ありがとう」以外には何もない

                    「ありがとう」「ありがとう」「ありがとう」

                    みんなのやさしさと想いが、大切な人にどうか届きますように!!!















                     

                    2015.02.02 Monday

                    お休みにします

                    0


                      一年以上にわたり、

                      これ以上できいないほどの努力を続けた。

                      特にラストスパートはこれでもかと気力を振り絞った。

                      でも、結果が許容できずに落胆し、どうすればいいと、もがく自分がしんどすぎて、

                      しばらく音楽から離れることにした。

                      すべてがダメだと悲観的になってしまい、視野が狭くなっているのだろうと思う。





                      音楽のことはすべて、放り投げてしばらく忘れ去ろう。

                      心が楽になるまで、必要なこと以外はすべて休むことにしよう。








                       



                       

                      ▲top