アクセスカウンター

篠了平(しの りょうへい)公式ブログ!

ぼちぼちと歩き続ける日々

篠了平公式ホームページへ
http://ryouhei.info/

<< July 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

2020.01.19 Sunday

一夜明け

0

    JUGEMテーマ:日記・一般

    昨夜は久しぶりに笑いました。

    ホントは直前まで、どうしようと思う自分がいました。

    エイヤの勢いで出かけて、

    そして、

    みんなのあったかな気持ちを感じながら、正直な自分で過ごすことができました。

    進むべき気持ちの在り処すらわからずに、今までかかってしまいましたが、

    顔を合わせて話ができてホッとしたものを感じています。

    みんなのぬくもりが、自身の勇気になってゆくのを感じました。

    安堵の気持ちと共にただただ「ありがとう」の想いです。

    名も知らないですが、一輪の花が咲きました。

    枝の先の方には、いくつもの芽が花開く時を待っています。

     

     

     

     


    10:10 | ともだち | comments(2) | - | - | - |
    2019.12.01 Sunday

    仲良し

    0

      JUGEMテーマ:日記・一般

      本当は、いつだって仲良しがいい

      普段、普通に時が流れているのに、そうでなくなるの(行き違いや不仲)は

      ほとんどが勘違いによるもの

      捨てぜりふのような言葉を勢いで言ってしまう人もいるかもしれないけれど

      互いに、謝ることができたらもっといい感じの幸せに逢えると思う

      ちゃんと伝えきれなかったこと、自分なりの解釈になってしまったこと

      本当はそれぞれにあったはず

       

       

       

       


      2017.11.13 Monday

      のぶちゃん家(ち)でのバーベキュー

      0

        JUGEMテーマ:日記・一般

        ちょっと寒かったけれども、今日はのぶちゃんに誘われて、のぶちゃんちの庭でのバーベキューだった。

        似通った年齢の者達の話と言えば、懐かしい話や、想い出したいのに想い出せない話。

        ホラホラ、アレアレなどと、随分と遠回りをしたアゲクくにたどり着いたり、たどり着かなかったりで、

        それでも話は盛り上がって、時は随分と早く巻いていった。

        庭の奥には、秘密基地の小屋があって、その昔10円で動いていたドンガバチョの乗り物があった。

        秘密基地の中は昭和の宝物であふれかえっていた。

        そんな小屋の前ではレトロな話が必然のように盛り上がっていた。

        夕方にもなると風は冷たく、小屋の廃材や庭に落ちた小枝をくべてみんなでコンロを囲んで暖を取った。

        幸せの在り処を感じることのできた午後だった。

        今日お世話になったみんなに「ありがとう」

        ぬくもりに「ありがとう」

         

         

         

         


        2015.10.20 Tuesday

        友達

        0

          手を伸ばして自撮りでの想い出を記録する

          友達との楽しいひと時だ

          時が輝いて見える



          僕にはすべてを話せる人はいない

          でも時には時を共にする人がいる

          僕にとってはこのくらいがちょうどいいように思える












           

          2015.08.16 Sunday

          ソブラの森にて

          0


            弦の響きに紡ぐ想いは、いにしえから育まれてきた木々の命と共にこだまする

            ここはソブラの森

            ココロのありかを教えてくれる


















             

            2012.11.04 Sunday

            ダベル

            0






              春木川にかかる南海本線の15m程の小さな橋梁を

              電車が通過する

              その下流の住宅街を抜ける川では

              たくさんのカモがあちこちで世間話をしているように見えた

              平和というものは実にありがたい

              何事もないことのありがたみを痛感させられている


               






              2012.09.27 Thursday

              stop!!

              0




                ストップ

                本当の友達は、君を一人になんかしない

                人生の大切なものが壊されるかもしれない時には

                何があっても一緒にいてくれる

                ほかに誰がそこにいようと

                君のことが心配だから

                君のことが少しでも心配なときには

                必ず一緒にいてくれる

                決して誰にも任せたりしない

                それが友達だ

                君が誤って悲しみに巻き込まれたりすることのないように

                道を渡るときも、幼い姿だって、懸命だ

                互いの人生に傷がつくことのないように・・・

                心痛めて生きていかなきゃならないなんてことのないように・・・

                それでも、何よりも気をつけなきゃいけないことは

                自分自身で、命をかけて守らなきゃいけないことだけは

                どんな時にも、しっかりと心に刻んで行動することだ





                 


                2012.08.07 Tuesday

                ガキンチョ連合がゆく

                0




                  「おい、あっちに行ってみようぜ」と

                  ヒョウヒョウと先頭をを歩くガキ大将

                  あんたも行くんでしょうと肩を叩かれ

                  「ヘイ、ワカリヤシタ」と大男風の少年

                  後ろから、おてんばそうな、ママさん風の女の子

                  そう、この子が一番のやり手なんだ

                  きっとね!!







                   

                  2012.07.29 Sunday

                   made in smile in kindergarden

                  0








                    ともだちがいる

                    楽しかったの

                    それとも

                    かなしかったの

                    ヤッパリ笑っていたいよね、僕ら

                    プランターに描かれた自分達

                    スマイルで、いっぱいにしたいよね

                    made in smile in kindergarden


                     




                    2012.05.28 Monday

                    やさしいヒトミ

                    0




                      とってもやさしい目をしていた

                      オット、ちょっと近ずきすぎだよ・・・

                      ワンちゃんの幸せぶりが あふれるような

                      きっと、出会った者をひとり残らず幸せにしてくれる

                      そんな、ぬくもりある、やさしい目をしていた

                      出会ってくれて、「アリガト!!」






                      ▲top