アクセスカウンター

篠了平(しの りょうへい)公式ブログ!

ぼちぼちと歩き続ける日々

篠了平公式ホームページへ
http://ryouhei.info/

<< November 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

2016.10.20 Thursday

のぼる

0

    坂道を昇る

    急角度で昇る

    息を切らしながら併設された側道を昇るチャリダーの息遣いが眩しい

    僕も空に向かう

    正午の空は夏と秋の境で橋の頂点のその先にこっちだよって話しかけるように広がっていた

     

     

     

     

     

     

     

     

     


    2015.12.01 Tuesday

    つづら折れ

    0

      ひどい坂道だった

      今なお、つづら折れをゆく

      何度も挫折を味わいながら人生の坂道を歩み続けてきた

      曲げられても、間違えても

      精一杯を尽くして歩んだと言い切れる人生です

      もうこれ以上の試練など僕にはとても無理だと思うのです

      これが正直な気持ちです

      まだ傷い目に合うのですか?



      尽くしきった後の僕にはもう何も残っていません



      疲れてしまって、しばしのウタタネの間に

      そうそう、その人とあの人に、それからあの人にも、届け忘れた言葉があることを想いだしました

      僕は、その人とあの人、それからあの人のいるその場所に戻って、

      伝え、そして、一生懸命を見届けました

      少し心が安らぎました

      その場所には折れたココロを支え続けてくれた家族の肖像がありました

      ありがとう


      浅き夢見し・・・








       

      2012.04.01 Sunday

      教会への坂道

      0






        日曜日

        教会への坂道

        今日は快晴

        風は冷たく、澄んでいる

        今日は日曜日

        毎週そう思って、教会に向かった

        友達とカードをもらいたくって、坂道を登った、子供心

        あの日もそう、風は冷たく、澄んでいた

        神様はいるって思っていたんだ、あの頃

        前だけを見なきゃいけないって・・・ わかってはいるつもりではいるが

        とにかく、明日は笑顔を忘れないようにしよう

        その積み重ねだ

        そしたら、また、「神様がいた」って

        そう思えて、心がやすらいで

        空を見上げる日がやってくることを信じたい







        2010.05.06 Thursday

        春と夏の境界線を歩いた

        0




          サカミチ、ガードレール、ミドリ、

          この三つがそろうと、なぜだか夏の絵になる。

          河川敷の土手を歩いた、さっき、タンポポは左側で春をしてたのに、

          10メートルも離れずに右側では、夏がキャンバスを広げようとしている。

          そう、僕は今日、春と夏の境界線の上にいる。

          ▲top