アクセスカウンター

篠了平(しの りょうへい)公式ブログ!

ぼちぼちと歩き続ける日々

篠了平公式ホームページへ
http://ryouhei.info/

<< January 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

2020.01.25 Saturday

時が追い越してゆく

0

    JUGEMテーマ:日記・一般

    今日は冬の曇天。

    午前中は淡々と仕事。

    午後、以前のように研修会に向かう自分はいない。

    復活させないといけないな、と思いながら動くことが億劫で、近くの海沿いを10分ほど散歩した。

    知らないうちにちょっとしたリゾート施設ができるらしく、工事が始まっていた。

    時代は未来へと動いている。

    アウトドア派の人たちにとっては、夏のまぶしい空にフェニックスの葉の揺らぎが映えることだろう。

    何もないこの田舎町に活気が出て、少しでも良い方向に向かってくれたらいいな。

     

     

     

     


    21:50 | 散歩 | comments(0) | - | - | - |
    2019.12.06 Friday

    渡り鳥とお月さま

    0

      JUGEMテーマ:日記・一般

      池のほとりを歩くと、たくさんの渡り鳥が寄ってきた

      誰か餌付けをする者がいるのだろう

      残念ながら僕は何か口に入れてあげられるものの持ち合わせがない

      ごめんね

      その中には眼光の鋭いニヒルそうな黒い鴨もいた

      種は違ってもみな同じにやって来るのだろうか

      水面を見渡す落ち葉に囲まれたベンチも寒そうにしていた。

      見上げると真昼の月は半分をかじられたアンパンみたいな恰好で下界を見下ろしていた

      鴨たちには気持ちだけでも半分のアンパンは届いただろうか。

       

       

       

       

       


      2019.12.05 Thursday

      早朝の冬空

      0

        JUGEMテーマ:日記・一般

        今朝は随分と冷え込むな

        12月にもなると、お日様もはなかなか上って来ない

        ビニールハウスの上空には寒々とした空がズンと居座っている

        今日も頑張れるかな

        頑張る理由があるから大丈夫

         

         

         

         

         


        2019.12.04 Wednesday

        中央公園

        0

          JUGEMテーマ:日記・一般

          深い色は晩秋

          色彩と影のコントラストが凛と佇む

          先には木立のトンネルが続く

          北に向かうこの道は「冬は近いよ」と話しかけているように映った

           

           

           

           

           


          2019.11.28 Thursday

          晩秋の公園

          0

            JUGEMテーマ:日記・一般

            目には見えないたくさんの命のかたちがあって、

            吹き溜まりにはドライフルーツみたいになった落ち葉が集まって、

            銀杏の木が並んでいる。

            足元には黄色の扇がいっぱいで、

            見上げたモミジに見とれていると、

            知らない内に夕暮れが迫って、

            夕飯の買い出しに急いだ。

             

            今日という一日が何の変哲もないように見えるのは外見だけであって、

            のちになれば、かけがえのない晩秋の午後となるだろう。

            時は流れ、決して立ち止まることはない。

            二度と戻ることのない時を文字という形にすることで、過ぎて消えてしまうことのない永遠のものとしたい。

            そう願い、記しているのだと思う。

             

             

             

             

             

             

             


            2019.11.18 Monday

            なんてことないことって?

            0

              JUGEMテーマ:日記・一般

              なんてことない日があったりすると、とんでもなく嬉しい。

              なんてことないことが当たり前でなくなって、

              なんてことないことがなんてありがたいかを知った。

              なんてことないいつもの光景。

              僕の好きなアングル。

              街の本屋は頑張ったが閉店になって看板だけが残っている。

              少しずつ時は流れている。

              誰かが気付こうとも、気付かなくとも・・・

               

               

               


              2019.11.05 Tuesday

              ゆっくり / we can work it out

              0

                JUGEMテーマ:日記・一般

                小さな川沿いの小さな喫茶店の入り口はこんな感じだ

                11:00〜17:00の営業で、

                お休みは、

                木、日、祝日、ゴト日、

                それ以外にも不定休とある。

                人生、のんびり、ゆっくり、でいいに違いない。

                それを見た僕は、ドアを背に大きく息を吸った。

                そして、Beatlesの "we can work it out" のフレーズが浮かんだんだ。

                "きっとうまくゆく" のタイトルの言葉でくくられている。

                大好きなメロディの曲だ。

                 

                 

                 

                 


                2019.10.17 Thursday

                教会の空

                0

                  JUGEMテーマ:日記・一般

                  罰当たりな生き方をしてきたから

                  僕は当然の報いを受けている

                  そう思っている

                  自分なりに一生懸命にやってきたと思う自分もいるが

                  でも思い起い返せばやはりダメな自分の方がはるかに多かった

                  そう、救われることはないだろう

                  なのに教会の前を通るたびに見上げる僕がいる

                  僕が教会に向かったのは小学生の時が最後だった

                  教会からの催し物の案内状も時には届く

                  でも、前を通るだけで建物の中に足を運ぶ僕はいない

                  僕は自分のことをとつくづく勝手な奴だと思う

                  この先を歩むにはどうすればいいのか

                  その時その時に目の前におられる人にとっての最善に向け、自分を役立たせていただくこと

                  そう思っている

                  どんな、小さなことでもいいから、心から良かったと思ってもらえることに寄り添えられたらうれしい

                  うまく言えないけれども、そういった現場に居合わさせてくださいとココロが願っている

                   

                   

                  今は自分事でイッパイイッパイになってしまっている

                  つらい言葉を受け止めるためのわずかなゆとりさえ失くしてしまっている

                  今日は早く床に就くことにしよう

                  ゆっくり眠るのが一番だ

                   

                   

                  「なんくるないさ」という言葉を思い出した

                     「まくとうそーけー、なんくるないさ」からくる言葉で

                        くじけずに正しい道を歩む努力を続ければ、いつかいい日が来るよ(道は開けるよ)

                             だから「何とかなるさ」っていう意味になるんだそうだ

                   

                                                 

                             言い訳になるかもしれないけれど、気が付いたことであったり

                             その中で心の許容範囲でできることはしてきたつもりではいる

                             だが、気の付かなかった問題もあった

                             ちゃんとした道を歩ききれなかったから、いろんなことが起こったのだろうけれども

                             ちゃんとしようとすると自分以外のところでも破綻を生じる可能性だってある

                             どうやってちゃんとにもっていこう?

                             

                   

                             やり切った感とやりきれない感覚が

                                 訳の分からないほどに襲ってきて、現実もぐちゃぐちゃになって 

                                     疲れてしまった

                   

                                        何もせず、もしできるなら、ただただ体と心を休めたい

                   

                   

                                             とにかく、早く寝ようっと

                      

                                             ・・・ ブログ、少しだけ、お休みします

                   

                   

                   

                   

                   


                  2019.09.22 Sunday

                  ココロの色

                  0

                    JUGEMテーマ:日記・一般

                    朝の光の中、心の静けさを湛える色の花に出会った

                    日曜学校の協会の窓の前に咲く花

                    やわらかな色だ

                    先週の後半から調子は落ち着いている

                    何も意識せずに過ごせる時間は素晴らしい

                    静けさがあふれている

                    僕は夢の中で目覚めているのではないかと自分を疑いもした

                    でも今朝は何もない素敵な朝だった

                     

                     

                     


                    2019.09.18 Wednesday

                    バッハ(リュート組曲)的夕暮れ

                    0

                      JUGEMテーマ:日記・一般

                      夕暮れ時。

                      空は高さを増しドラマチックを広げ始めた。

                      日中は熱いと感じた半袖のシャツも、吹く風に寒げに感じるばかりだ。

                      一日の終わりにたたずむことも、今まで気づくことのなかった無も、

                      なんと儚くも幸せなことかと滲み入る想いだ。

                      夥しい(おびただしい)ほどの遠い想いの果てに、今、なすスベを持たないまま時は流れている。

                      それでもできることは尽くした今日だと思っている。

                       

                       

                       

                       


                      ▲top