アクセスカウンター

篠了平(しの りょうへい)公式ブログ!

ぼちぼちと歩き続ける日々

篠了平公式ホームページへ
http://ryouhei.info/

<< April 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

2020.03.21 Saturday

春が早いよ

0

    JUGEMテーマ:日記・一般

    まだまだ寒そうな空の色だ

    そういえば鴨は真冬の水面を何を思いながら行き来していたのだろう

    寒くはなかったのだろうか

    今年は雪柳も少し早いな

    桜も随分と早いな

    今年の春の花たちは急ぎ足だな

    僕にとってはまだまだ寒く感じるけれど

     

     

     

     


    07:45 | 散歩 | comments(0) | - | - | - |
    2020.03.16 Monday

    河川敷の春

    0

       

      JUGEMテーマ:日記・一般

      今日は随分と冷え込んだが、

      河川敷の土手にはたんぽぽが咲き始めた。

      今年は思い悩むことが多く、

      自然体で季節や自然を感じることができていない。

      季節を感じることができるというのは幸せなことだ。

      そんな時、つらいことを忘れられたらと思う。

      できることを、ひとつずつ、積み重ねては、

       

       

       


      08:02 | 散歩 | comments(0) | - | - | - |
      2020.03.12 Thursday

      知るほどに 

      0

        JUGEMテーマ:日記・一般

        しあわせの何であるかを知るほどに

        悲しみの何であるかを知るほどに

        情けの行方を知るほどに

         

           ( 文中の知るほどにと記した言葉は、知らされるほどに知ることになったという感覚です )

         

         

         


        07:13 | 散歩 | comments(0) | - | - | - |
        2020.03.07 Saturday

        シンプル

        0

          JUGEMテーマ:日記・一般

          しばらく散歩らしい散歩をしていなかった

          で、ダメじゃないかと自らに声をかけてここにやってきた

          ちょっと怖かったが海沿いの堤防の上を歩いた

          こんな何もない景色以外は、何もないという情景

          何もないという時は、最上の幸せでもある

          堤防の端っこまで歩き切ると、この先は大阪府最北端の自然海岸だ

          愛鳥家の間では野鳥の観測地でもあり、またこの近くまでウミガメも産卵にやってくるらしい

          もう少し先の川沿いの道まで歩を進めると工場や民家が目に入った

          でも何か落ち着かない

          徹底して何もない元の道に戻るとこころが落ち着くのを感じた

          きっとこころもシンプルを望んでいるのだろう

           

           

           

           

           


          23:02 | 散歩 | comments(0) | - | - | - |
          2020.03.03 Tuesday

          夕散

          0

            JUGEMテーマ:日記・一般

            夕刻、一人散歩に出る

            公園を抜け

            踏切を渡ると、バブルのころに建てられた一風変わった建物がある

            バブルが崩壊し、最近まで入居者のいる様子もなかったが、ようやく灯りがともった

            50年以上も人口の増えることのない街

            昭和の動かない街

            今では閉鎖されているが、国鉄の時代にはここに踏切があって、桜並木が見事だった

            遠い昔、ここには遠足に向かう子供たちの姿があった

            奇勝公園へはここからの徒歩での道のりだった

            想えば子供の頃にあったのは無意識の内の計り知れない程にたくさんの未来という時間で、

            今あるのは足元にまとわりついて振り払うことのできない意識の時間の連続だ

            何かを記したくて書き始めたのだが

            気持ちが

            疲れてしまったので

            今夜はもう休むことにしよう

             

             

             

             

             

             

             


            23:11 | 散歩 | comments(0) | - | - | - |
            2020.02.20 Thursday

            また逢えましたね

            0

              JUGEMテーマ:日記・一般

              春へと続く道がある

              今年もこの道を歩けることに感謝をしよう

              梅の園を飛びまわるメジロたちの嬉しそうなさえずりが聞こえてきた

              春がすべての命にとって安らぎの時となりますように

              また次にやってくる春にも会えるといいね

               

               

               

               


              17:20 | 散歩 | comments(0) | - | - | - |
              2020.02.11 Tuesday

              こんにちは

              0

                JUGEMテーマ:日記・一般

                「こんにちは」

                そこにはただ素直な気持ちがあったのです

                たくさんの笑顔を共にしてきたウサギさんに逢えてよかった

                僕も思い浮かべていたよ

                今日はありがとう

                風も、聞こえてきた音も、感じたこと全てに、ありがとう

                 

                 

                 

                 


                08:43 | 散歩 | comments(0) | - | - | - |
                2020.01.25 Saturday

                時が追い越してゆく

                0

                  JUGEMテーマ:日記・一般

                  今日は冬の曇天。

                  午前中は淡々と仕事。

                  午後、以前のように研修会に向かう自分はいない。

                  復活させないといけないな、と思いながら動くことが億劫で、近くの海沿いを10分ほど散歩した。

                  知らないうちにちょっとしたリゾート施設ができるらしく、工事が始まっていた。

                  時代は未来へと動いている。

                  アウトドア派の人たちにとっては、夏のまぶしい空にフェニックスの葉の揺らぎが映えることだろう。

                  何もないこの田舎町に活気が出て、少しでも良い方向に向かってくれたらいいな。

                   

                   

                   

                   


                  21:50 | 散歩 | comments(0) | - | - | - |
                  2019.12.06 Friday

                  渡り鳥とお月さま

                  0

                    JUGEMテーマ:日記・一般

                    池のほとりを歩くと、たくさんの渡り鳥が寄ってきた

                    誰か餌付けをする者がいるのだろう

                    残念ながら僕は何か口に入れてあげられるものの持ち合わせがない

                    ごめんね

                    その中には眼光の鋭いニヒルそうな黒い鴨もいた

                    種は違ってもみな同じにやって来るのだろうか

                    水面を見渡す落ち葉に囲まれたベンチも寒そうにしていた。

                    見上げると真昼の月は半分をかじられたアンパンみたいな恰好で下界を見下ろしていた

                    鴨たちには気持ちだけでも半分のアンパンは届いただろうか。

                     

                     

                     

                     

                     


                    2019.12.05 Thursday

                    早朝の冬空

                    0

                      JUGEMテーマ:日記・一般

                      今朝は随分と冷え込むな

                      12月にもなると、お日様もはなかなか上って来ない

                      ビニールハウスの上空には寒々とした空がズンと居座っている

                      今日も頑張れるかな

                      頑張る理由があるから大丈夫

                       

                       

                       

                       

                       


                      ▲top