アクセスカウンター

篠了平(しの りょうへい)公式ブログ!

ぼちぼちと歩き続ける日々

篠了平公式ホームページへ
http://ryouhei.info/

<< December 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

2018.12.10 Monday

冬の色

0

    JUGEMテーマ:日記・一般

     

     

    今日は随分と冷え込みました。

    すべてが冬の色に映りました。

    ココロにまでその色が移り住んだようです。

     

    もし何かに理不尽だと思う自分がいるとき、

    そんな自分こそがちっぽけな自分になって追い込まれたり、逆に周囲に迷惑をかけることのないように、

    結果として守るべき人を守る為に寡黙に歩き続ける人でありたい。

    そう、守らなければならない人の笑顔を見れば、そしてその笑顔を思い浮かべることで、歩むべき道は見える。

     

     

     

     

     


    2018.12.07 Friday

    祈る

    0

      JUGEMテーマ:日記・一般

      今年は台風や温暖化した気象の影響もあってか、去年ほどくっきりとした紅葉にはならなかったみたいだ。

      それでも、いくつものきれいなシーンに出会うことができた。

      根来寺から粉河寺へ、雨音の中歩いた。

      遅れてやってきた秋、紅葉の店じまいに間に合うよう、滑り込むように階段を登った。

      シ−ンとし、静まり返った厳格さを感じる中、

      何事もないことを祈った。

      心と身の健康を祈った。

      ささやかな幸せを祈った。

      多くの悲しみの中、救われるぬくもりに感謝した。

       

       

       

       

       


      2018.12.06 Thursday

      トトロの森に向かう

      0

        JUGEMテーマ:日記・一般

        トトロの森にいってみませんか?

        まっくろくろすけ、それにトトロにどんぐりが教えてくれるよ。

        それに、急ぎの用がある時には、猫バスのやつにも頼んでみましょうか。

        大切な人との再会に間に合うといいね。

         

         

         

         

         


        2018.12.04 Tuesday

        立ち止まるひと時(ホットミルク編)

        0

          JUGEMテーマ:日記・一般

          出勤前に、

          仕事を終えて、

          牛乳瓶ごと温めたごとホットミルクは懐かしい。

          紙蓋を開け、飲もうとしても熱すぎてすするようにしか飲めやしない。

          けれど、そうしてできた急いではならない大切な時間の世界観が、牛乳瓶ごと温めたホットミルクとともに

          蘇っては、立ち止まるひと時になる。

          少しだけ冷めたら、また腰に手をやり牛乳を飲むいつものポーズに代わってゆく。

           

           

           

           

           

           

           

           


          2018.12.02 Sunday

          トンネルを抜けてみよう

          0

            JUGEMテーマ:日記・一般

            人生には避けられずに通らざるを得ないトンネルが必ずやってくる。

            それは自分自身のせいでなくても、間違いなく過ちであっても、

            世の中の力というものは自らの自我というものに気づくことなく平気で襲ってくるから・・・

            そんな時、心しなければならないのは、僕を頼ってくれる人の心を守るということだ。

            できることとできないことが生ずるということは、自分事だけでは済まされないから仕方のないことだけれども、

            そんな中、一番大切なことは人としてできることを尽くしたかどうかということだ。

            自分自身につまらない自我がないことの確認が出来たら、間違いのない尽くすべき道にいる確信が持てたら、

            すぐにその道を信じて進み始めればいい。

             

             

             

             


            ▲top