アクセスカウンター

篠了平(しの りょうへい)公式ブログ!

ぼちぼちと歩き続ける日々

篠了平公式ホームページへ
http://ryouhei.info/

<< December 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

2019.12.06 Friday

渡り鳥とお月さま

0

    JUGEMテーマ:日記・一般

    池のほとりを歩くと、たくさんの渡り鳥が寄ってきた

    誰か餌付けをする者がいるのだろう

    残念ながら僕は何か口に入れてあげられるものの持ち合わせがない

    ごめんね

    その中には眼光の鋭いニヒルそうな黒い鴨もいた

    種は違ってもみな同じにやって来るのだろうか

    水面を見渡す落ち葉に囲まれたベンチも寒そうにしていた。

    見上げると真昼の月は半分をかじられたアンパンみたいな恰好で下界を見下ろしていた

    鴨たちには気持ちだけでも半分のアンパンは届いただろうか。

     

     

     

     

     


    2019.12.05 Thursday

    早朝の冬空

    0

      JUGEMテーマ:日記・一般

      今朝は随分と冷え込むな

      12月にもなると、お日様もはなかなか上って来ない

      ビニールハウスの上空には寒々とした空がズンと居座っている

      今日も頑張れるかな

      頑張る理由があるから大丈夫

       

       

       

       

       


      2019.12.04 Wednesday

      中央公園

      0

        JUGEMテーマ:日記・一般

        深い色は晩秋

        色彩と影のコントラストが凛と佇む

        先には木立のトンネルが続く

        北に向かうこの道は「冬は近いよ」と話しかけているように映った

         

         

         

         

         


        2019.12.02 Monday

        雨の日の情景

        0

          JUGEMテーマ:日記・一般

          雨の日は心もウェット

          無機質な建物とアスファルトには「蛇の目出でお迎え・・・」の歌のような感覚はわいてこない。

          やっぱり寂しい感覚のほうに結局は落ち着いてしまう。

          今日はボールペンとシャープペンシルを買った。

          その世界には、キーボードの入力では伝わらない感覚がある。

          雨のマリンブリッジ。

          路面には軌跡と灯りが映し出され、ワイパーの動く音が今日という目の前の世界をぬぐっている。

          僕の街まではあと何センチかわからなくても、そう遠くはないと感じることができる。

          なじんだ感覚に近づいてゆくからだ。

          でも、よくない未来や違和感が感じられるときには、違う答えを探そうとする。

          言葉で言い表せない感覚の手探りをつくして新世界を描こうとする。

          何事にも屈することない心の旗を掲げんとペンを走らせる。

          心を守ろうとする。

           

                               (今日は雨だったので、少し前の雨の日の休日ことあげました)

           


          2019.12.01 Sunday

          仲良し

          0

            JUGEMテーマ:日記・一般

            本当は、いつだって仲良しがいい

            普段、普通に時が流れているのに、そうでなくなるの(行き違いや不仲)は

            ほとんどが勘違いによるもの

            捨てぜりふのような言葉を勢いで言ってしまう人もいるかもしれないけれど

            互いに、謝ることができたらもっといい感じの幸せに逢えると思う

            ちゃんと伝えきれなかったこと、自分なりの解釈になってしまったこと

            本当はそれぞれにあったはず

             

             

             

             


            ▲top