アクセスカウンター

篠了平(しの りょうへい)公式ブログ!

ぼちぼちと歩き続ける日々

篠了平公式ホームページへ
http://ryouhei.info/

<< May 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

2019.05.21 Tuesday

雑賀崎灯台〜番所庭園

0

    JUGEMテーマ:日記・一般

    和歌浦エリアの高台にあるのが雑賀崎灯台だ。

    南を向くと和歌浦湾が見渡せる。

    すぐ北側に突き出た岬が番所庭園のある番所ノ鼻だ。

    庭園はこんな感じ。

    入場料は人は600円、ワンコは無料。

    頭上を吹く風を翼いっぱいに受け止め、心地よさそうに滑空するトンビ。

    庭園はちょっとした崖の上にあって、その淵から下をのぞくとこんな感じ。

    少し足がすくむのを感じた。

     

    それにしても、この辺りなんと旅館の多いことか。

    そして、どれほどの旅館や観光付帯施設が廃墟と化していることか。

    繁栄と現実のハザマをタイムスリップした光景には虚脱感に襲われもしたが、変わらない自然の風景からは

    心を静かにしてくれるやさしさを感じることができた。

     

    人生だって、そう、

     

    優しい想いは、届けることが可能なうちに届けよう。

     

    人として・・・

                ・・・できるうちに。

     

     

     

     


    2019.05.20 Monday

    夜店、始まる

    0

      JUGEMテーマ:日記・一般

      子供たちの笑い声は地球上の宝物のように僕の頭の中で響き、違いないと、そう思った。

      今年も、夜店の季節がやってきた。

       

       

       

       

       

       


      2019.05.17 Friday

      heart of green

      0

        JUGEMテーマ:日記・一般

        風を切る半袖とチャリ

        夏の予感

        窓の外の進み出した季節を見つめる猫の置物

        際立つ緑と背景のやわらかな緑

        今日という日のことは、いつか「あの日」として思い起こす時がやってくることだろう。

        その時には・・・

        「あんな事もあったけれど」、「大丈夫」と言って歩けるようになければならないと思っている。

         

         

         

         

         

         


        2019.05.16 Thursday

        color of some afternoon

        0

          JUGEMテーマ:日記・一般

          午後のひと時、歩きたいという気持ちが膨らんで公園に向かった。

          その方がワンコだって幸せそうだしね。

          歩き始めると、日常への意識が薄れ、この公園の存在が空気のような感覚になっていくことに気づかされる。

          ちょっとしたバラ園があったり、

          歩を進めた先の神社の入り口の外からワンコに「お祈りしよう」って一緒に頭を下げたり。

          誰も気づかないような小さな川の遊歩道沿いには、素敵な店構えのカフェがあったり。

          (実はその小さな川には驚くほどたくさんのコイやカメやカモが共同生活をしているんだ)

          そのお隣りには安らぎにどっぷりとまどろむ猫がいたり。

          こうして公園とその近辺をのんびりと歩いた。

           

          一生懸命に毎日を回そうとしてはいますが、次々と湧き出てきた自分の問題だけでいっぱいいっぱいになって

          しまって、その上に、生じてくる問題にちゃんと対応できているのかも心配になります。

          でも、逆に、忙しさが、必要以上に考える時間を生じないようにしてくれているのも事実です。

           

          こうであればいいのになどと思うことは間違いなくあります。

          でも、そんな思いも・・・

          こうして自分自身のことを意識せず、何事もない何でもないひと時がとても幸せに思えたのです。

           

          先週のある午後。

           

           

           

           

           


          2019.05.12 Sunday

          母の日の花屋

          0

            JUGEMテーマ:日記・一般

            5月の第2日曜日(12日)の花屋の軒先

            店内は母の日一色

            ここ数年、母の好きな薄紫色のアジサイを届けている。

            今年も「まあ、きれい」の声を上げてくれた。

            その笑顔が幸せを届けてくれている。

            「ありがとう」

             

             

             

             


            ▲top